site map

電気製品と家電量販店 パソコン

パソコンを持っている人ならば、そのパソコンのOSは大半の人間がマイクロソフトのウインドウズ(Windows )かMACというパターンが99%だろう。

遂に、マイクロソフトのWindows XPのサポートが完全に終了してしまう。
非常に残念な事だが時代の流れなのだから仕様がない。公式発表では4月9日だそうだ。

名ソフトという呼び方がふさわしいのかどうか判らないが、これまでのOSの中では一番使いやすかったのではないだろうか!?

現在のWindows8やビスタがあまり芳しくない評判なので、7とXPだけでいいんじゃないかという意見もある。

ま〜何はともあれ、サポートがされなくなっただけで現在自分が使っているXPが使えない訳ではないのでそんんなに大騒ぎする事もないのだが、XPユーザーもいい加減どこかで見切りを付けなければならないだろう。

とにかく使い続けたいのなら、インターネットに接続してこそ何ぼのパソコンなのだから、セキュリティの問題を解決しなければならない。つまりそれ相応の対策ソフトが必要になる訳だが、セキュリティ対策のソフトメーカー次第という事に成るか!?

いずれにしてもパソコンの寿命がいずれ訪れるのだからあんまり引っ張るのもいかがなものかな。

さて、他のOSソフトの話なんだけれど、余程の通か変わり者ならトロンとかリナックス(Linux)のZorin OS Lite Remixとかを使っている人も結構多いと云われている。

噂では相当に軽く実に軽快に動くらしい。

じゃ〜Windowsの重たさは一体どうしてなのか・・・というお話になるのだが、これも噂なのだが、どうも軍事機密であり全てが映画の様にアメリカ軍につながっているらしい。

実際には我々の携帯もそうらしい。
すべてが丸見えで何と電源を切っても位置が判るらしい。

ま〜これはいらんお話だったかな。

電気製品

ダイソン社が温風ヒーターが出る所謂扇風機を自主回収するらしい・・・!

ちょっと驚くような内容のメールが友人から来た。

別に扇風機の欠陥品はそんなに珍しくもない話なので、例のダイソンの羽が無い扇風機に多少の不具合が出ても驚く話ではない。

私が驚いたのはそんな事ではない。

つまりあのダイソンの羽が無い扇風機の温風が出るタイプはもう製造中止になるかも知れない構造的な欠陥なのではないかと・・・思ったからである。

他のニュースなので詳細を確認したのだが案の定であった。

温風の出るタイプ、Hot + Coolシリーズの2機種に内部からの発火の可能性があると明確に記載されていた。
その製品の型番は、AM04 と AM05である。

どこが問題なのか同社によると、「内部プリント基板が電気ショートを起こす事に依り発火する」という事だ。

発火の原因がもう一つ詳しく語って無いような気がするんだけれども、これは基板が弱いとか欠陥という事なのか、まともな基板なんだけれども何かの影響で結果電気ショートを起こすという事なのかがどうもはっきりしない。

つまり、これはあくまで私の推測の域を出ない憶測なのだが、圧縮された温風の熱が基板に影響したために、ショートを起こしたのではないかと思うのである。

この製品が世に出た時から大丈夫なのかと思っていた次第である。
圧縮された温風の熱というのは凄い高温に成ると思われるからである。

故に、回収し温風の熱が影響しないように熱対策の保護をし改善するという事なのではないかと思うのである。

しかし、ちょっと心配なのは、ユーザーというのは商品が壊れるまで使うので、長年使用し続けて、その保護が最後まで持つのだろうか・・・という心配である。

しかし、更に気になるのが、「電源をコンセントから抜く」という指示なのだが、これは当たり前の事を言っているのか、それとも、発火の原因が温風ではなく電源が入っていると生じる可能性があるのか今一はっきりしない。

もしそうならば、私の憶測とは全く話が違うという事に成る。

取り敢えず、購入したユーザーの方はダイソンに問い合わせてみることである。

電気製品と家電量販店 エアコン

ダイキンのルームエアコンの評判がちょっと過剰評価されているのは如何なものかと思う昨今である。

さて、久し振りの記事アップなのだが最近のエアコン市場でちょっと気に成る事がある。

前述の通りダイキンのルームエアコンうるるとさらら7の評判がちょっと異常なくらい先行評価されてきている点である。

私の仕事柄エアコンについて友人知人から相談されたり顔見知りの人から尋ねられたりする事が多いのだが、最近彼等の同じフレーズが気に成る。

以前ならば、富士通やコロナやダイキンや日立や三菱やパナソニックや三菱重工のエアコンってどうなの!?かいいんですか!?だった。

それがこの1年だろうか、エアコンなどずぶの素人がそれこそまだエアコンを使った事が無い人々が「ダイキンのエアコンって良いんでしょう!?」と結論ありきで質問してくるのである。

くどいようだが、今から購入しようと考えている人間がである。

こちらとしては、別に悪くはないんだけれど何を根拠にそうあなた達は決めているんですかと逆に尋ねたい。
それも何の情報も無い曲に!!そうつまりエアコンについては詳しくないのにである。

決めているのなら尋ねないで欲しい。

ま〜これは良くある事なのだが、はっきり言えばダイソンと同じでコマーシャルの影響が大きいという事なのだが、ダイキンのお笑い系のCMをどこをどう見ても何が良いのか全く分からないのである。

つまりあまりに大衆心理そのものである。
何が良いのか判らないのだが、同じCMを何度も見ていると、人間は成らされ勝手に、こんなにたくさんCMを流しているんだからよいものなんだろうと勝手に推測発展させてしまうのである。
これはもはや所謂洗脳の一種である。

だから「うるる」位しか特化した機能がないのに過剰評価してしまっているのが現実であり真実である。

そして、もう一つ気に成るのが、ユーザーもメーカーの機能セールスの言葉を信じ過ぎてはいけないのである。

特に、ダイキンエアコンのうるるとさららに関しては、加湿機能を100%のものと捉えてはいけない。
特に真冬の寒い時期や以北の寒冷地の方々は要注意である。

この加湿機能の湿気は室外の乾燥した空間に存在する湿気を外気で取り込み室内に送り込むというものなのだが、外気温が下がれば当然更に乾燥するのでその機能は低下する。

実際購入したユーザーの中にはその機能の有効性の価値を見いだせないと主張する声も多い。
又、更にはせっかく高い金額で購入したにも限らずその加湿機能を全く使用した事がないという人々も多いのが実情である。

付け加えるならば、安い加湿器だけ用意する方が効果的であり外気温の変化の影響も全く受けない訳である。
一般の人々はここまで判らないのである。

実は、同じダイキンのエアコンの中にも、冷房・暖房能力に年間の機関消費電力(つまり電気代)が全く同じで、加湿機能があるなしで数万円も違うのである。

めざといユーザーのみがこの事実を知っているという事になるのである。つまり良く調べるべきなのだが、例えばどこかの量販店に応援に来ている他メーカーの方に聞いてみるのが一番である。

因みに、業界の秘密といおうか常識なのだが、電気代は簡単に安く出来るのである。
それは、内機や外機の熱交換器の表面積を広げれば良いのである。

がっしかし、そうなると内機のサイズが大きくなるのである。
つまり、ダイキンの内機と外機ともどもは滅茶苦茶大きいのである。

良くあるのが、カーテンレールに引っかかるとか、若干古いマンションの配管穴に入らないというパターンで機種交換せざるを得ないという事例である。

ま〜この辺りは、販売店の担当者がしっかりその場で尋ねるのが常識ではあるのだが。

ま〜エアコンは、エアコンの機能重視で選択すれば間違いないのだが、どうしても人間欲をかくから付加価値機能という関係ないもので購入決定の判断をしてしまう。

どうだろう。
参考になっただろうか!?


その他

オール電化の方が高くつくのか?

先日マスメディアのニュースでオール電化に騙されたという記事を読んだ。
これは遂に、オール電化の評判にケチがつくのか。
一瞬読み間違えたのかと思ったが、じっくり読み直してみたが間違いではなかった。

あくまで北海道での話なんだけれど、9月1日より地元の北海道電力の電気料金が大幅に値上げされるらしい。それも、オール電化の住宅の方が一般家庭よりも3倍以上高くなるそうだ。

え〜〜〜、本来はオール電化の条件にする事で電気料金がかなり優遇されるという触れ込みだったはずんなんだけれど、これでは購入者はある意味詐欺にあったようなものである。

話題は変わるが、震災以降、原発ではなく自然エネルギーを見直そうという大きな世論があり特に太陽光発電や風力発電が持てはやされたのは記憶に新しい。

直接、自然エネルギーとオール電化は関係ないが、要は一般家庭のエネルギー源をガスなどを止めてすべてを電気で賄おうという契約なんだけれど、正直震災の時は電気が止まった家庭は寒くて大変だったようだ。同じガスでもプロパンはかなり重宝したらしい。

その頃からだろうか、オール電化の弱点が注目されるようになり出した。
当然評判は落ちる事に成るのだが、実際、初期の契約などガスと併用は出来ないという無慈悲で独善的な契約内容だった。

これはある意味、ユーザーの自由な選択を妨害するように私には思えるのだが、数年後には結局ガスと併用という新しい契約が開始されたのだった。結局、無理があったように思える。

私が感じる第一感として、自然エネルギー、特に太陽光発電や風力発電の優遇措置や特例がちょうどこの北海道電力の電気料金値上げと同じ匂いがする。

太陽光発電の電気買取という甘い措置がいつまで続くかは地方行政の動向次第である。
以上とも云えるほどの高額買い取り価格、一体誰が決めたのか。一部の企業を儲けさせるために政治家を使い自然エネルギー利権を構築したとしか思えない。

そう、あの白洲次郎を貶め、反日CM全開のソフトバンクである。
そして、現にくだんの北海道と北海道電力は買い取りを止めると宣言した訳だ。

さて、いや〜最近の経済の動向やアベノミクスにより円高が是正され円安に成り輸出産業は明るい兆しがみえて来た。

反対に、食糧などの輸入製品や天然ガスや石油の価格が上がり、且つ発電のためのエネルギーコストが高くつくというデメリットもある。

とにかく、特定企業だけが潤うような政策は絶対だめだ。ましてや反日企業など。

そして、いい加減日本も100年先を目指して政治、経済、産業、農業政策を構築しなければならないと思う日々この頃である。

電気製品と家電量販店 携帯

スマートフォンユーザーは、スマートフォンの危険な落とし穴に意外と無頓着な人が未だに多いのには困ったものである。つまり、私が何に危惧しているのかというとセキュリティーの問題の事である。

Apple iOSに深刻な脆弱性ありとビッグなニュースが飛び込んできた。

先日、Apple者は、同社のiPhoneのOSに深刻な脆弱性が多数発見された事を発表したのだが、対象としては、iPhone 5、4S、4、3GS、iPad(第3第4世代)が該当するそうだ。

当然だろうが、危ない個所は発表と同時にすでに修正を加え改善されたようである。

ついでと云ってはなんだが、動画再生では現在飛ぶ鳥を落とす勢いのGoogle社のウェブブラウザであるChromeにも数種類の脆弱性が発見されたらしい。

基本的に、インターネットにつながる環境にあるものは全て危険なのであるが、パソコンのセキュリティーソフトは入れるのに、スマートフォーンのユーザーはなぜか携帯と同じ感覚で使用するという傾向があるようだ。

それに輪をかけて、現在スマートフォーンの世界ではSNSや無料ゲームを媒介として個人情報が知らない内に勝手に奪われているというのに。

ましてやお財布携帯としての情報も入っているのに、なんの対策も打たないのはあまりにも無知というおか、無防備過ぎる。

クレジツトカード情報やパスワードなどが奪われる危険性はパソコンに比べれば非常に高い。

そろそろ、スマートフォンのユーザーも一般常識として、インターネット環境下でのSNSや無料ゲームへの意識を改善すべきだと私は思う。

まさに自己責任の世界である。
アウトレット家電
アウトレットパソコン電気製品の紹介!
電気製品と家電量販店    Profile&Policy
電気製品を趣味でいろいろいじくって28年のManagerです。

仕事がら話題の新製品からアウトレット商品のパソコンやスマートフォン、ipod、冷蔵庫、エアコン、PS3まで、さまざまに買い漁って楽しみ、それを元に電気製品の使い方や製品評価やメンテナンス法なども解説しています。
更に、ユーザーが一番知りたい家電量販店の価格や保証内容の比較まで紹介しています。でも買い過ぎて困っちやうかも!?