site map

リコール 不具合 情報

最近、話題になった不具合やリコールになった電化製品情報について調べてみました。

しかし、実際新聞紙上やテレビなどのマスメディアに大きく取り上げられない限り、一般の消費者にはなかなかその情報が伝わらないのが現実です。

それならば、逆に消費者サイドから徹底的に情報を取りに行くというのはどうでしょうか。但し、各家電メーカーのサイトを個人が一つ々調べるのは大変です。

しかし、いろいろ調べて見ると多くの公的機関や私的サイトなど不具合やリコールの関連情報をまとめたサイトがあります。

ただ、電気と一般家電製品に限らず、自動車、食品、衣類等、燃焼器具、乗物、レジャー用品、乳幼児用品等まで紹介されていますので、お目当ての情報を得るのも結構大変です。

そこで、以下、主に電気と一般家電製品の情報サイトを上から紹介しています。

【 家電製品 リコール 不具合 情報 】

家電製品PLセンター
http://www.aeha.or.jp/plmenu.htm

不具合ドットコム
http://www.fuguai.com/

リコールナビ
http://recall-navi.com/

リコールプラス
http://www.recall-plus.jp/

国民生活センター(回収・無償修理等のお知らせ)
http://www.kokusen.go.jp/ncac_index.html
http://www.kokusen.go.jp/recall/recall.html

経済産業省(リコール情報)
http://www.meti.go.jp/
http://www.meti.go.jp/product_safety/recall/index.html

独立行政法人 製品評価技術基盤機構 製品安全センター 製品安全調査課
http://www.jiko.nite.go.jp/

東京都・くらしの安全情報サイト(社告・リコール検索)
http://www.anzen.metro.tokyo.jp/
http://www.anzen.metro.tokyo.jp/recall.php

東京都・食品衛生の窓 東京都福祉保健局
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/shokuhin/index.html

消費者庁 消費者の窓
http://www.caa.go.jp/
http://www.consumer.go.jp/recall/

お知らせ
http://on.no-ip.biz/att/

さて、この記事はあなたのお役にたちましたでしょうか。最後まで読んでくれて有難うございます。あなたに幸運を!
尚、この記事は、電気製品と家電量販店のオリジナルによるものです。そして、当サイトは刻々と変化して行く電化製品の商品性能や機能、そして業界情報に対応して行きたいと思っています。それでは又お会いしましょう。御機嫌よう!

話題 人気 家電製品

暑さ対策のための電気製品を紹介し取り上げたいと思います。世間では馬鹿売れしているという噂の「SOYO エアコンマット そよ」です。

6月なのに、もう熱帯夜並みの夜と日中でも長野県などでは猛暑並みの日々が続いている昨今なんですが、エアコンとか暑さ対策はすでにお考えでしょうか。

今年は、東日本大震災の影響もあり節電を政府や東電他各電力会社から求められる事になりますが、性能の悪い一昔前のエアコンをいつまでも使用するのは如何なものでしょう。
特に年配の方に多いのが、20年前、30年前のものが壊れずに今でも使用できるのを自慢されるケースですね。

確かに大手家電メーカーの当時の優秀な商品を大事に使用するというのは素晴らしい事なんですが、事省エネや節電、いやいや快適性から言っても、冷蔵庫やエアコンにテレビという一番電気を消費する家電製品に関してはやはり最新のものに買い替えを進めます。

流石にもう時代が違いますよね。

さて、そういう中なかなか面白いある種の冷却装置を発見しました。
ご老人の熱中症対策にもある程度期待出来るかも知れない製品です。

◆名称 「SOYO エアコンマット そよ」
◆型番 AX−HM1200
キャッチフレーズ 風が作る一つ上の快適

それは所謂マットなんですが、従来のものは特殊なジェル状の液体で熱を吸収発散するタイプの冷却方でしたが、もう少しそれを強力にしたものがあるようです。

マット内に風を通す設計で、寝具に籠った熱や汗を効率的に排気出来るというものです。
若干厚みも大きさもサイズ的には大きくなります。

又、この「SOYO エアコンマット そよ」は、コスト的には1日8時間使用で、1月13円という事ですから全く問題は無いでしょう。所謂、省エネ設計とかエコ製品と呼んで差し支えないでしょう。

メーカー希望小売価格38,000円なんですが、調べてみたところ一般的な市場価格では、17,800円から15,800円というところでしょうか。

< 「SOYO エアコンマット そよ」備考 >
重量4.3Kg
定格電圧:入力AC100V(50/60Hz)出力DC12V
定格消費電力:最大2.5W
付属品:収納袋
生産国:中国(アテックス上海)

< 「SOYO エアコンマット そよ」材質 >
ポリエステル85%、綿15%(キルティング加工)/ポリエステル100%(Wメッシュ加工)、軟質ポリエチレン(スペーサー)、ABS樹脂

エアコン取り付け付加の方や嫌いな人にはいいんじゃないでしようか。

さて、この記事はあなたのお役にたちましたでしょうか。最後まで読んでくれて有難うございます。あなたに幸運を!
尚、この記事は、電気製品と家電量販店のオリジナルによるものです。そして、当サイトは刻々と変化して行く電化製品の商品性能や機能、そして業界情報に対応して行きたいと思っています。それでは又お会いしましょう。御機嫌よう!

電気製品と家電量販店 テレビ 

日立の液晶テレビWoooのL42-XP05に驚きました。

2010年日本の家電大手メーカーの液晶テレビも例年の如く各社新たな特徴を兼ね備え出揃いました。そしていよいよ財源がいつまで持つか判らないエコポイントと共に終焉を迎えようとしています。

しかし、販売台数は別にして、その品質と機能の点から評価すれば当サイトが厳選した今年のスーパーヒット液晶テレビは、日立のWooo「L42-XP05」「L37-XP05」「L32-XP05」のシリーズですね。

世の中はマスメディアが喧伝するほどにはまだ3Dの高額テレビを求めてはいない中、低価格のものから録画機能があるものなどの需要が以前と高いですね。

それこそ地デジが写ればいい49,800円や59,800円のものから、3タイプに分類される録画機能がある約8万円から18万円の間のものが主流でしょうか。

中でも、そんな中日立のウー(Wooo)の液晶テレビ「L42-XP05」に代表されるXPシリーズがとても同社が作ったとは思えない程綺麗でしたね。まさに高輝度画質という表現がぴったりのテレビです。

東芝レグザ(REGZA)、PANASONICビエラ(VIERA)、SONYブラビア(BRAVIA)はやたら黒が綺麗だという割には、日立のウー(Wooo)と比較すると明らかに負けていましたね。
それには理由があるのですが、後に補足します。

更に、シャープのアクオス(AQUOS)の主力新製品クアトロンにはがっかりでしたね。
又、同社の亀山工場モデルのシールには笑ってしまいました。何と製造は中国なのに、そのモデルは亀山工場と同じものだという主張です。気持は判るけれども、そんなユーザーを小手先で騙す様な表現は良くないのではないでしょうか。
これまで、そのシールが添付してあることに依り、日本製だと安心して購入していたユーザーの認識を逆手に取る様なやり方には何となく納得が行きませんね。その内容の詳細に関しては、販売者が説明しない限り大半のユーザーは亀山工場製と誤解して購入しているようです。

さて、当サイト一押しの日立のウー(Wooo)液晶テレビのXPシリーズなんですが、何が凄いかと申しますと、液晶テレビに業界発の所謂専門用語で「光沢パネル」を採用しています。これを採用したために色の濃淡が明確で濃く、輪郭線から全体画像がくっきりとし、引き締まって見えます。又艶やかでもあります。人物の表情から髪の毛一本々がより鮮明に再現出来ます。パネルだけの影響ではないでしょうが、他メーカーには再現不可能ですね。

但し、いろいろな家電量販店のテレビコーナーを廻り、店の事情がある社員さんや他メーカーの販売応援者の方の意見・主張を聞くとなかなか面白い。

確かに綺麗だと認めるが、必ず一言添えるからである。
それは、「光沢パネル採用のために照明の写りこみがありますよ」というものだ。確かに、2000年代に入り初期のプラズマテレビ全盛の頃、シャープに力を入れている家電量販店ではプラズマテレビから変更させるために良く使われた主張である。特にガラス質の時は目立った。

しかし、この一見必殺の「販売トーク」には裏がある。知識がない一般のユーザーはこのとーくに簡単に引っ掛かってしまうのだが、如何せん当サイトの管理人はそんなレベルではないので逆に突っ込んで一般家庭の照明の明るさ、照度(ルックス)具合について問いただすと、このパネルに「照明の写りこみ」現象の問題は緩和され、いや解決してしまう。

逆に、例えばこの「光沢パネル」を採用した「L42-XP05」を斜め45度以下から眺めても画面の色は飛ばない、つまり薄くならないのである。これを「広角視野」が広いといいます。一般的に「液晶テレビ」は「プラズマテレビ」と比較すると「広角視野」が滅茶苦茶狭いです。

更に、今年2010年度モデルの中で、この「広角視野」が一番狭いメーカーは、SONYの機種全般とシャープのアクオス(AQUOS)4原色クアトロンですね。シャープにおいては、クアトロンよりもワンランク下位の機種の方が「広角視野」が広いという状況です。

つまり、ほぼ正面から見ないと駄目なテレビということになります。
ずばりユーザーは、我が家でどのような配置でテレビ画面を皆が見るのか認識してからテレビの機種を選択しなければならないというポイントがあります。でないとお家によってはかなり後悔することにもなりかねません。

又、テレビのリモコンの使い勝手と、メニューからの操作画面、番組表一覧などの見易さや、録画の仕方が簡単などの項目でも今年2010年度の日立のWooo「L42-XP05」「L37-XP05」「L32-XP05」のシリーズは別格でしたね。

先ず、リモコンに関しては、東芝レグザの操作ボタンは一般成人男性の指にはあまりにも小さ過ぎますね。パナソニックとソニーがいい勝負でしょうか。やはり三菱と東芝には今後改善を求めたいですね。

さて、そうこうしている内に、東芝が何と「光沢パネル」採用の新製品「LED REGZ Z1とZ1Sシリーズ」を11月に発表しましたね。日立並みに綺麗ですが、これを両者並べて比較すると重大なポイントに気が付きます。

東芝の新製品「LED REGZ Z1とZ1Sシリーズ」の方が輪郭が若干甘いですね。はっきり云えばぼやけています。これはおかしいと思い、メニューから映像設定の度合いを調べてみましたが、極端に操作設定はなされていませんでしたね。画面調節で「シャープネス」の度合いを疑いましたがどちらもゼロのままでしたね。

又、ある筋からの情報によるとシャープのクアトロンがなぜ4原色を謳っているのかと云うと、新しい画像処理エンジンでは色の三原色の原理に基ずき画像を再生すると、特定の色が弱くなる現象が起きたために、単色の一色を補うために4原色なる表現を用いているらしい。

以上、今年度の液晶テレビに関する驚きの画質を見せてくれた日立のWooo「L42-XP05」に関する簡単な総括でした。尚、参考までにパネルはパナソニックと共同開発した「ips α パネル」である。現在は、パンソニックがほぼ全株式を取得し完全小会社化しているが製品の供給は継続して日立にも行う取り決めである。

さて、この記事はあなたのお役にたちましたでしょうか。最後まで読んでくれて有難うございます。あなたに幸運を!
尚、この記事は、電気製品と家電量販店のオリジナルによるものです。そして、当サイトは刻々と変化して行く電化製品の商品性能や機能、そして業界情報に対応して行きたいと思っています。それでは又お会いしましょう。御機嫌よう!

割引クーポン

家電クーポンという言葉があります。

そうです。若干遅蒔きながら不景気な世の中を反映し世間で話題の「共同購入クーポン」情報をやっと最近マスメディアが積極的に取り上げるようになりましたね。

2000年以降インターネットが進んだ昨今、特にグルメ・食品・飲食店関係においては巷では楽天やヤフーを瞬間的に上回るような人気の「共同購入クーポン」サイトのグルーポンなどは、もはや東京・大阪・京都・名古屋などの都市圏では当たり前の観があります。

その流れに乗ってか、家電製品の共同購入クーポンという情報やサイトもすでに存在しています。あの人気のデジカメや携帯、I PADにプラズマや液晶テレビを何人かでまとまると安くなるという夢の様なお話なんですが、以外と大きな金額のものは実は成立しにくいようです。それから、今年の年末はエコポイントの関係でテレビなどは品物がないので、人気で今が旬の商品は扱われていないようです。

でも、例えば人気炊飯器などの5台限定などは見逃せないものがあります。
慣れてまめにチェックする習慣をつけておきましょう。

【 共同購入 家電クーポン 運営サイト 】

日本地図からエリア別に選択し、全国のさまざまなお得なクーポン(coupon)情報が探せます。更に、地域別、ジャンル別、目的別にも検索出来る非常に多機能なサイトです。

◆coupon検索サイト 「タウンピタ」
http://www.townpita.com/regular/kaden/

珍しいところでは、インターネット販売楽天の「期間限定!週末Rakupon」というサイトがあります。その中の「ジャンル別クーポン」の中に「家電・ゲーム・楽器・パソコン・おもちゃ」専門窓口があります。

◆楽天 Rakupon(ラ・クーポン)
http://event.rakuten.co.jp/coupon/appliance/

グルーポンは、最近TVやwebの口コミなどマスメディアで話題のcoupon専門情報サイトです。一度メールアドレスと地域を登録すると、ほぼ毎日該当エリア内のお得な限定情報を配信してくれます。

◆グルーポン
http://www.groupon.jp/

オールクーポンジャパンは、あらかじめキーワード指定をしておくと、アラート機能によりエリア・キーワードに一致したタイムセールクーポン情報を配信してくれます。自分の探している情報や目的がはっきりしている方には非常に便利な機能です。

◆オールクーポンジャパン 家電のクーポン一覧
http://allcoupon.jp/k/%E5%AE%B6%E9%9B%BB

◆coupon検索サイト【タウンピタ】
http://www.townpita.com/

大手だが、家電情報は無いに等しい。

◆Yahoo!クーポン
http://coupons.yahoo.co.jp/

【 家電量販店のクーポン 】

基本的に、家電量販店のweb専門サイトの場合、今話題の所謂「共同購入クーポン」ではなく、従来の商品券やポイント還元を示した意味合いで表現されています。又、ポイントの使用有効期限が近づいているユーザーの掘り起こしや上得意様などへのDM(ダイレクトメール)に内封される「期間限定特別割引クーポン券」とも表現される事もあります。
所謂、○○%OFFという文字が躍っているチラシですね。若干、この辺り紛らわしいですね。以下、一例です。

☆上新では、Joshin webでのポイントをwebクーポン進呈中と表現をしています。
☆ヨドバシカメラでは商品券としての本来の意味合いでのクーポン券の購入や贈呈が出来ます。
☆コジマのインターネットサイト利用の場合、WEB専用ポイントクーポン「コジマネットdeクーポン」を進呈中です。

さて、この記事はあなたのお役にたちましたでしょうか。最後まで読んでくれて有難うございます。あなたに幸運を!
尚、この記事は、電気製品と家電量販店のオリジナルによるものです。そして、当サイトは刻々と変化して行く電化製品の商品性能や機能、そして業界情報に対応して行きたいと思っています。それでは又お会いしましょう。御機嫌よう!

割引クーポン

家電エコポイントはもう申請されましたか。

今日は、テレビの駆け込み需要で話題の家電エコポイントについて取り上げたいと思います。一応、期限は2011年3月末まで延長される事が決定され、これにより国内の消費を高めようという主旨のものです。

さて、一口にエコポイントといってもいろいろあり、すでに打ち切られた車や、住宅、そして家電とあり、該当電気製品の購入に当るのが「グリーン家電エコポイント」制度という政策である。そして、それを仕切っている該当担当省は、環境省、経済産業省、総務省の三つです。

これは、政府が指定する該当電気製品を購入し必要書類を添付し申請すると、主にギフトカード(JCB・VISA)や、商品券、プリペイドカード、地域商品券、珍しいところでは電子マネー(WAON [ワオン] )に交換する事が出来るというものである。

登録申請後約1〜2ヶ月で、商品及び提供事業者から選択したものが送られてくるというシステムになっています。

【 家電エコポイント 必要書類 】

1、保証書のコピー
2、領収書又はレシートの原本
3、家電リサイクル券排出者控えのコピー(該当期間内で発生の場合)

【 家電エコポイントの交換申請方法・書き方・注意点・詳細 】

1、購入時期はエコポイントの定額権利が発生しただけであり、必ずもらえるという権利ではない。申請受理の早い順番から発送される。だから、購入商品が届き次第必要書類を用意しいち早く申請する事。

2、記載内容に1箇所でも記入漏れがあると送り返されてくるのでくれぐれも慎重に。申請し直すと数ヶ月のずれが生じるので財源が無くなればもらえない場合もある。

3、申請書の書き方については、これは義務なのか独自のサービスなのか判らないが、それぞれの家電販売の事業者やサポート販売店、家電エコポイント交換商品提供の事業者などが教えてくれるケースが多いですね。

4、更に、制度・政策の趣旨、申請書の書き方や、交換商品カタログ、商品提供事業者一覧などの詳細は以下のホームページをご覧下さい。

◆2010 グリーン家電エコポイント事務局
http://eco-points.jp/use/item.html

さて、この記事はあなたのお役にたちましたでしょうか。最後まで読んでくれて有難うございます。あなたに幸運を!
尚、この記事は、電気製品と家電量販店のオリジナルによるものです。そして、当サイトは刻々と変化して行く電化製品の商品性能や機能、そして業界情報に対応して行きたいと思っています。それでは又お会いしましょう。御機嫌よう!
アウトレット家電
アウトレットパソコン電気製品の紹介!
電気製品と家電量販店    Profile&Policy
電気製品を趣味でいろいろいじくって28年のManagerです。

仕事がら話題の新製品からアウトレット商品のパソコンやスマートフォン、ipod、冷蔵庫、エアコン、PS3まで、さまざまに買い漁って楽しみ、それを元に電気製品の使い方や製品評価やメンテナンス法なども解説しています。
更に、ユーザーが一番知りたい家電量販店の価格や保証内容の比較まで紹介しています。でも買い過ぎて困っちやうかも!?