site map

家電量販店

上新電機の成り立ちや前身について知る人も、ネット検索等のデータにも載らない話題があります。

参考までにご紹介すると、上新電機の元々は八百屋さんでありました。
上新という名は「上物で新しい」野菜を扱っているというまさに現代のキャッチコピーの様な感覚で名付けられたのである。

そして、私の記憶が定かではないのが悔しいが、その八百屋から家電のメーカーを目指し小さな町工場を経営したが、先の大戦の空襲で焼け出され、戦後は、所謂ラジオに代表される無線等の家電製品の販売に転じたという事である。

昨今の家電量販店の全国的な再編の動きの中で、関西圏の市場においては結一地元の量販店として頑張っている。また、上新電機には関西では珍しく、非常に労組がしっかりしているので職場環境と雇用の点からも、関西においては一歩抜きん出ている。

身近な顧客を大事にし地域密着型の同社らしく、2007年度の同社が提案する会社としての理念キャッチフレーズは、「心と心の響きあい Heart to Heart -Joshin」というものですが、実にジョーシンらしいものです。

正式なデータを調べてみると、創業は1948年昭和23年5月11日ですから、戦後まもなくですね。これは旧第一産業やエイデンなどとほぼ同じ時期ですね。

現在飛ぶ鳥を落す勢いの関東の新興勢力であるヤマダデンキにコジマデンキ、ノジマデンキなどは、1980年代の創業ですからその違いは明らかです。同社の経営陣や社員さんには自信と誇りを持って欲しいものです。

前述の通り創業は、1948年で上新電機商会といい、これが後の上新電機の前身となります。現在になって判る事ですが、同社が今は無い関西の大手家電量販店とはかなり異なる点があります。

それは、ポイント制をいち早く推進した事、関西では唯一労働組合を認めた事、そして、株式の上場ですね。1972年には大証1部に、1985年には東証1部に上場していますが、これは家電量販店の中ではかなり早いですね。もちろん持ち株制度も採用しました。

これは経営者として実に立派な行為です。所謂世の中の一流企業が基本的に採用している事や成長する過程で行う事を誠実に遂行している訳ですから。

又、血縁であり二代目の社長である淨弘博光氏が当時日本最大のパソコン専門店と話題になった「J&P」オープンの際には、ソフトバンク(旧日本ソフトバンク)の創業者である孫正義氏との契約を優先したのは有名な話しである。

同社は、2007年(平成19年)には、数年前の目標の通り、売上高3,000億円越えを遂に達成し単独ブランドとしてはベスト5に入るでしょう。

関西唯一の家電量販店ブランドになってしまった同社にはとにかくこれからも頑張って欲しい限りです。

当サイトは刻々と変化して行く電気製品と家電量販店の商品性能や機能、そして業界情報に対応して行きたいと思っています。本日は、是まで。

<<エディオン グループ電気製品と家電量販店!のトップへジャスコ大日店のエアコン安い>>

アウトレット家電
アウトレットパソコン電気製品の紹介!
電気製品と家電量販店    Profile&Policy
電気製品を趣味でいろいろいじくって28年のManagerです。

仕事がら話題の新製品からアウトレット商品のパソコンやスマートフォン、ipod、冷蔵庫、エアコン、PS3まで、さまざまに買い漁って楽しみ、それを元に電気製品の使い方や製品評価やメンテナンス法なども解説しています。
更に、ユーザーが一番知りたい家電量販店の価格や保証内容の比較まで紹介しています。でも買い過ぎて困っちやうかも!?