site map

家電量販店

デオデオ(DEODEO)は、広島県を中心に中国地方で展開している老舗の家電量販店なんですが、名古屋の家電量販店の老舗株式会社エイデンとの間で互いに株を持ち合い事業統合する旨を立案し、2002年に統合を実行し「株式会社エディオン」と成りました。

その後、両者はエディオングループの一員として活動し、「株式会社エディオンWEST」と「株式会社エディオンEAST」に分割独立して経営していました。

よって、デオデオ(DEODEO)は「株式会社エディオンWEST」に属す傘下の会社となった訳ですね。この辺りは本当にややこしいですね。

ところが、2010年(平成22年)に、また新たな動きがあり、「株式会社エディオンEAST」と「株式会社エディオンWEST」を完全に経営統合し「株式会社エディオン」として再スタートしました。これは2002年時に統合した時の名称をそのまま採用した結果に戻りました。

1998年以降、上記の様に、エディオングループを初めケーズデンキにベスト電器とビッグカメラなど、東西の大手老舗の家電量販店が吸収合併を繰り返してその勢力図は随分様変わりしました。

ですから、今更株式会社デオデオという会社の古い概要を解説してもあまり意味はないと想いますが、軽くそれに触れますと。

デオデオは、現在広島県広島市廿日市に本社を置き、その前身は旧「第一産業株式会社」という会社ですが、更にその前の前身は、1946年創業の久保兄弟電機商会になります。

そして、「第一産業株式会社」は、翌年の1947年5月7日の創業ですから、まさに戦後2年目であり、当時はどこも同じだったは想いますが、同じ日本でも長崎と広島は別格ですから、当初は本当に何もない状況の中スタートした訳ですね。因みに、本店所在地は広島市中区紙屋町になります。

その後、2度ほど社名を変更繰り返します。
1986年10月1日に「株式会社ダイイチ」へ、1997年4月1日にはエディオンの前身である「株式会社デオデオ」に決定しました。

現在エディオングループとして全国展開を進めている同社ですが、業界第二位までの規模に上り詰めましたが、同社の更なる飛躍に期待したいところです。

当サイトは刻々と変化して行く電気製品と家電量販店の商品性能や機能、そして業界情報に対応して行きたいと思っています。

<<家電量販店の非公開求人情報電気製品と家電量販店!のトップへエイデンから株式会社エディオンへ!>>

アウトレット家電
アウトレットパソコン電気製品の紹介!
電気製品と家電量販店    Profile&Policy
電気製品を趣味でいろいろいじくって28年のManagerです。

仕事がら話題の新製品からアウトレット商品のパソコンやスマートフォン、ipod、冷蔵庫、エアコン、PS3まで、さまざまに買い漁って楽しみ、それを元に電気製品の使い方や製品評価やメンテナンス法なども解説しています。
更に、ユーザーが一番知りたい家電量販店の価格や保証内容の比較まで紹介しています。でも買い過ぎて困っちやうかも!?