site map

電気製品 規格

ダビング10に興味はおありですか。

これまでの一連の流れなどについて説明すると、音楽や映画などの動画を再生する機器を販売する家電業界と、そのソフトである映画や音楽を創造する立場のクリエイター達との間で論議されてきたのが所謂著作権なんですが、ま〜いろいろな提案が出されてきましたが保護するという方向性は決まっていました。

それがやっと2007年(平成19年)の12月20日に、大まかな概論が公表され、いずれ正式にこのダビング10を順次運用して行くという発表がなされました。しかし、その後、実際の運用開始日は延期が度重なりクリエイティブな業界からはクレームが入りもめたりしましたが、とにかく何らかの形で必ず著作権は守ってゆくという方針に変わりはないようですね。

そこで、もうちょっとそのダビング10についての詳細を紹介したいと思います。

かなり前になりますが、JEITA(電子情報技術産業協会)は、総務省情報通信審議会で提案された録画の新ルールを、ダビング10と呼称し、その内容を「コピー9回+ムーブ1回」というものに統一すると発表しましたね。

そこで、所謂正式な発表コメントはなされたのですが、各マスコミにおいての報道も微妙な表現・言い回しがなされ、その実態や、一体何が大きくかわるのかが今一つ判り憎く、混乱を生じかねない状況になっているのが2007年末現在です。

結局、そこで、関係事業委員会およびコンテンツ保護検討委員会で検討した結果、今後はさまざまな機会で新ルールの理解、普及と啓発を図り、新ルールの定着に最善を尽くすとコメントしているんですが、前述の通り、我々一般のユーザーには、具体的にどういうものなのかは判らないというのが実態です。

2009年以降の流れに関しては、以下が参考になると想います。

ダビング10とB-CASの独占禁止法違反
ダビング10
ダビング10になぜなったのか?

さて、この情報はお役にたちましたでしょうか。尚、この記事は電気製品と家電量販店のオリジナルによるものですので引用はお断り申し上げます。そして、当サイトは刻々と変化して行く電化製品の商品性能や機能、そして業界情報に対応して行きたいと思っています。それでは又お会いしましょう。御機嫌よう。

<<ミドリ電化の保証内容電気製品と家電量販店!のトップへダビング10になぜなったのか?>>

アウトレット家電
アウトレットパソコン電気製品の紹介!
電気製品と家電量販店    Profile&Policy
電気製品を趣味でいろいろいじくって28年のManagerです。

仕事がら話題の新製品からアウトレット商品のパソコンやスマートフォン、ipod、冷蔵庫、エアコン、PS3まで、さまざまに買い漁って楽しみ、それを元に電気製品の使い方や製品評価やメンテナンス法なども解説しています。
更に、ユーザーが一番知りたい家電量販店の価格や保証内容の比較まで紹介しています。でも買い過ぎて困っちやうかも!?