site map

その他

池袋価格と家電量販店の店員さんの耳元でささやくと安くなるという噂が飛び交っています。

実際、池袋でのビックカメラとヤマダ電機の価格競争が全国に飛び火した感じなんですが、噂の真相と現実について取り上げたいと思います。

話の発端は、関西は、ローカルながらも人気があるライブ「ミヤネ屋」の番組内での家電製品をいかに上手く値切るかというシームで取り上げられた裏技のようです。

同番組内で経済評論家の提唱する必殺技のようなんですが、交渉を重ねた結果最後の最後に「池袋価格でお願いします!」と店員さんにささやくそうです。

更に、番組内では、日本全国、東京だけでなく大阪でもこの魔法の言葉が通ずると語られていた。

正直、それは無責任でありいい過ぎだと想われる。

なぜなら家電量販店の値引き交渉の条件として、ちゃんと明言されているからである。
それは、例えば「どこよりも安く・・・」とか「他店よりも1円でも高い場合は・・・」などの場合の競合対応の値引き条件は、”同じ商圏エリア”でなければいけないのである。

常識で考えてみて欲しい。東京や大阪で5万円の品物が、北海道で同じものが1万円であるとする。東京や大阪では、北海道価格に合わせる必要や義務などないのである。そんなに欲しければ、北海道に行ってお買い上げ下さいと云われるのが落ちである。

つまり、さまざまな条件において、東京や大阪の商圏を北海道と同じに考えられるわけがないからである。

だから、全国で、「池袋価格でお願いします!」という魔法の言葉が通ずることはありません。

さて、この記事はお役にたちましたでしょうか?最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!この記事の情報提供は、電気製品と家電量販店のオリジナル記事によるものです。それでは、今日はここまでです。又お会いしましょう。ごきげんよう!

<<ノジマ電気 評判電気製品と家電量販店!のトップへノジマ電気 店舗 出店傾向>>

アウトレット家電
アウトレットパソコン電気製品の紹介!
電気製品と家電量販店    Profile&Policy
電気製品を趣味でいろいろいじくって28年のManagerです。

仕事がら話題の新製品からアウトレット商品のパソコンやスマートフォン、ipod、冷蔵庫、エアコン、PS3まで、さまざまに買い漁って楽しみ、それを元に電気製品の使い方や製品評価やメンテナンス法なども解説しています。
更に、ユーザーが一番知りたい家電量販店の価格や保証内容の比較まで紹介しています。でも買い過ぎて困っちやうかも!?