site map

家電量販店

コジマ電気の店舗数の推移情報について調べてみました。

遂に同社の当初経営方針戦略の通り、最後の県である島根県出店において全県出店とい大きな目標が達成できたコジマ電気なんですが、その店舗数にも若干の推移が見られるようです。それはどういう事かと申しますと、増加しているけれど、減少する分もあるという事です。

つまり、新しく出店する一方で、採算が合わず残念ながら閉店せざるを得ない店舗もあるという事です。
例えば、現在同社の場合、売り上げがどんどん落ちているのが関西方面なんですが、その関係上数店舗を閉めたので増減がありましたね。

その時期だけに注目すれば、確かに新しく出店はすれども、閉店数が上回っていたので全体の店舗数は減少しているという状況がありました。この辺り同社の株価の下落に影響したようですね。

大手家電量販店の2000年以降の動向で店舗を閉めたのは、最近では、ラオックス、コジマ、ベストというところでしょうか。バブル以降業界の再編はかなり進行しましたが、各家電量販店の中でも採算が取れる店とそうでない店の線引きとそれを実行するスピードは昔と比較すればかなり早くなっていますね。

本社創立が群馬県と埼玉県という隣接した位置関係でもあり、当初のライバルであったヤマダの一人勝ちを阻むためにもKOJIMAにはまだまだ頑張って欲しいものです。

そして、同社ホームページのサイト、http://www.kojima.net/shop/shopsearch/menu.htmから最新のコジマ電気の店舗一覧情報が確認出来ます。同サイトにアクセスし都道府県別地図から一番近い店舗を探し出します。

コジマ電気の場合、先代社長のファンという株主の皆さんもまだまだ多く、これからも同社が伸びる要素は十分にあるといえるでしょう。同社の今後の建て直しと未来に期待したいところです。

<<コジマ電気 用賀店電気製品と家電量販店!のトップへアウトレット 家電 上新電機>>

アウトレット家電
アウトレットパソコン電気製品の紹介!
電気製品と家電量販店    Profile&Policy
電気製品を趣味でいろいろいじくって28年のManagerです。

仕事がら話題の新製品からアウトレット商品のパソコンやスマートフォン、ipod、冷蔵庫、エアコン、PS3まで、さまざまに買い漁って楽しみ、それを元に電気製品の使い方や製品評価やメンテナンス法なども解説しています。
更に、ユーザーが一番知りたい家電量販店の価格や保証内容の比較まで紹介しています。でも買い過ぎて困っちやうかも!?