site map

家電メーカー 修理センター

三菱電機の修理センターについて探してみました。
暦の上では夏が終りもう秋ですがまだ残暑厳しい毎日が続いていますね。

大昔は8月の下旬ともなると水泳をしている時、吹く風に若干肌寒く感じる時がありましたが、特にこの数年は冷夏という言葉がまるで存在しないかのように暑い日が長く後を引きますよね。

9月中旬でも未だに34度の日がありますから驚いてしまいます。来年はもっと暑くなるかも知れないかと思うと、我が家の暑さ対策と断熱効果など一度じっくり考えなければならないと思う日々この頃です。

【 三菱 修理センター 】

三菱電機修理受付センター (365日24時間受付)
 TEL 0120-56-8634(無料)
 FAX 0120-49-8634 (無料)

東日本修理受付センター(北海道・東北・関東甲信越 )
 FAX 03-3424-1115(有料)
 TEL 03-3424-1111(有料)
西日本修理受付センター(東海・北陸・関西・中国・四国・九州)
 FAX 06-6454-3900(有料)
 TEL 06-6454-3901(有料)

<関連サイト>
三菱電機修理受付センター
http://www.melsc.co.jp/repair/index_b.html
お客様サポート
http://www.mitsubishielectric.co.jp/cs/

さて、夏場フル回転し活躍した家電製品と云えばエアコンと冷蔵庫なんですが、これから冬場まで暫らくはお休みですが、使用年数がかなり経過した方や夏場ちょっと異音がしたり冷えが悪いとか氷が出来にくいとかおかしい症状が出ていると感じた方は、ちょうど新モデルが発売前の今の時期が買い替えの狙い目時期であり、夏場一番込み合う修理センターがちょっと暇になり出張修理依頼がし易い時期でもあるんです。

但し、連絡したら直ぐに着てくれる状況なんですが、これから先外気温が低くなると悪い症状が出にくくなるので、だから今こそおかしな症状が出易いまだ残暑が続いている時に依頼するべきなんです。

三菱電機のホームページを拝見すると家電製品を、キッチン電化、映像情報機器、生活関連商品、空調機器、住まいの設備と5つのジャンル分けをしています。

出張修理依頼する前に一度は該当ジャンルの項目ページの一読をお勧めいたします。
意外と知らない事が多く新鮮な情報に驚かれると想いますよ。

さて、同社の場合は、同業他社の様に全国をエリア分けした各地域の修理受付センターに連絡するのではなく、依頼の窓口は一応全国を2エリアで分け一元化されていますね。

だからユーザーがいちいちエリアから連絡先を探さなくても良いのが有り難いですね。但し、時期的には電話がつながり易いかどうかの問題は発生するかも知れませんが、どうでしょう。

さて、この情報はお役にたちましたでしょうか。尚、この記事は電気製品と家電量販店のオリジナルによるものですので引用はお断り申し上げます。そして、当サイトは刻々と変化して行く電化製品の商品性能や機能、そして業界情報に対応して行きたいと思っています。それでは又お会いしましょう。御機嫌よう。

<<スマートフォン 通信速度 比較電気製品と家電量販店!のトップへ家電量販店 2011年度 売上高ランキング>>

アウトレット家電
アウトレットパソコン電気製品の紹介!
電気製品と家電量販店    Profile&Policy
電気製品を趣味でいろいろいじくって28年のManagerです。

仕事がら話題の新製品からアウトレット商品のパソコンやスマートフォン、ipod、冷蔵庫、エアコン、PS3まで、さまざまに買い漁って楽しみ、それを元に電気製品の使い方や製品評価やメンテナンス法なども解説しています。
更に、ユーザーが一番知りたい家電量販店の価格や保証内容の比較まで紹介しています。でも買い過ぎて困っちやうかも!?