site map

その他

オール電化の方が高くつくのか?

先日マスメディアのニュースでオール電化に騙されたという記事を読んだ。
これは遂に、オール電化の評判にケチがつくのか。
一瞬読み間違えたのかと思ったが、じっくり読み直してみたが間違いではなかった。

あくまで北海道での話なんだけれど、9月1日より地元の北海道電力の電気料金が大幅に値上げされるらしい。それも、オール電化の住宅の方が一般家庭よりも3倍以上高くなるそうだ。

え〜〜〜、本来はオール電化の条件にする事で電気料金がかなり優遇されるという触れ込みだったはずんなんだけれど、これでは購入者はある意味詐欺にあったようなものである。

話題は変わるが、震災以降、原発ではなく自然エネルギーを見直そうという大きな世論があり特に太陽光発電や風力発電が持てはやされたのは記憶に新しい。

直接、自然エネルギーとオール電化は関係ないが、要は一般家庭のエネルギー源をガスなどを止めてすべてを電気で賄おうという契約なんだけれど、正直震災の時は電気が止まった家庭は寒くて大変だったようだ。同じガスでもプロパンはかなり重宝したらしい。

その頃からだろうか、オール電化の弱点が注目されるようになり出した。
当然評判は落ちる事に成るのだが、実際、初期の契約などガスと併用は出来ないという無慈悲で独善的な契約内容だった。

これはある意味、ユーザーの自由な選択を妨害するように私には思えるのだが、数年後には結局ガスと併用という新しい契約が開始されたのだった。結局、無理があったように思える。

私が感じる第一感として、自然エネルギー、特に太陽光発電や風力発電の優遇措置や特例がちょうどこの北海道電力の電気料金値上げと同じ匂いがする。

太陽光発電の電気買取という甘い措置がいつまで続くかは地方行政の動向次第である。
以上とも云えるほどの高額買い取り価格、一体誰が決めたのか。一部の企業を儲けさせるために政治家を使い自然エネルギー利権を構築したとしか思えない。

そう、あの白洲次郎を貶め、反日CM全開のソフトバンクである。
そして、現にくだんの北海道と北海道電力は買い取りを止めると宣言した訳だ。

さて、いや〜最近の経済の動向やアベノミクスにより円高が是正され円安に成り輸出産業は明るい兆しがみえて来た。

反対に、食糧などの輸入製品や天然ガスや石油の価格が上がり、且つ発電のためのエネルギーコストが高くつくというデメリットもある。

とにかく、特定企業だけが潤うような政策は絶対だめだ。ましてや反日企業など。

そして、いい加減日本も100年先を目指して政治、経済、産業、農業政策を構築しなければならないと思う日々この頃である。

<<スマートフォンセキュリティーの危険な落とし穴!電気製品と家電量販店!のトップへダイキンエアコン うるるとさらら 評判>>

アウトレット家電
アウトレットパソコン電気製品の紹介!
電気製品と家電量販店    Profile&Policy
電気製品を趣味でいろいろいじくって28年のManagerです。

仕事がら話題の新製品からアウトレット商品のパソコンやスマートフォン、ipod、冷蔵庫、エアコン、PS3まで、さまざまに買い漁って楽しみ、それを元に電気製品の使い方や製品評価やメンテナンス法なども解説しています。
更に、ユーザーが一番知りたい家電量販店の価格や保証内容の比較まで紹介しています。でも買い過ぎて困っちやうかも!?