site map

家電量販店

コジマの店舗についてお探しですか。
全国のコジマの店舗一覧について調べてみました。

大手家電量販店の中では唯一47都道府県全てに出店しているのが関東の勇コジマ電気なのですが、正式名称は「株式会社コジマ」といいます。

管理人の経験上、結構関東から関西方面に転勤する方で新しく家電製品を買い替えようとする方で一番利用度が高いのがコジマデンキのようです。

その大きな理由の一つが、関東で買って関西で配達工事取り付けの日程がしっかり組めるからです。これは現地での在庫管理と配送エリアを販売店で明確に把握出来るからです。

ライバル店のヤマダデンキにおいては、配送日がその場で決定出来ないのが難点のようです。その辺りが、関東から関西、又はその逆の関西から関東に行く方に好まれるキーポイントのようです。

しかし、最近では、全体を分析すると、ちょっと前なら、栃木のコジマ、群馬のヤマダ、茨城のケーズデンキの3つを総称して、YKK戦争などと呼んでいましたが、若干KOJIMAがかなり置いていかれた印象を受けますね。

実際、売り上げ順位では、現在7から8番手というところでしょうか?

さて、店舗一覧の情報なのですが、面白いことにKOJIMAのホームページよりも詳しい同社と他の紹介サイトがありますので両方紹介したいと思います。

それは、「kojima.net - 店舗からのお知らせ」http://www.kojima.net/shop/shopsearch/menu.htmと、住所とTEL番号ならこちらの「タウンマーケット」http://townmarket.jp/CSP/CSP01/CSP0100200/KJM000001/の方が詳しいです。

この情報サイトはあのリクルートが行っているものだが、どちらかというと現在関東方面のみで狭い扱いの展開だが大変便利ではある。

家電量販店

ノジマ電気の店舗出店における傾向情報について紹介したいと思います。

2003以降、ノジマ電気の店舗出店傾向を分析すると、オーディオ・ビジュアル関係、所謂AVでは会社創世記の頃から抜群の強みとノウハウを持つノジマ電気もいよいよ関東から飛び出す勢いで店舗数を増やしています。

それはつまりオーディオ・ビジュアルのイメージだけではなく総合家電の大手としての当然の戦略の一環であると云えるでしょうね。多くの大手の家電量販店がそうであったのと同じで、或る時点まで規模が大きくなると堰を切ったかのように一地域に収まらず拡大路線に転じるよういです。

そういった観点から現在の出店状況を調べてみました。
店舗数増加となれば同社株主の皆さんのこれまで以上に同社を注視する事になるでしょう。

恐らく、栃木と群馬は流石にコジマとヤマダの牙城なので、無理な出店は避けるでしょうが、K'(ケーズデンキ)のお膝元北関東から山形県、福島県、茨城県、千葉県、更に岐阜県、長野県、愛知県は、将来的には、視野に入っていると想われますね。

さて、以下、デジタルネットワークノジマ、でんわ館キャリアショップを含むノジマ電気の店舗一覧のデータは、http://www.nojima.co.jp/shop/index.htmlで以下で確認出来ます。

参考までに、今期はかなり業績を伸ばしています。
毎日コミュニケーションズに、ここ10年の業績詳細が判る「ノジマグループ 【nojima】 - マイナビ2010」http://job.mynavi.jp/10/pc/search/corp40176/outline.htmlというサイトがありますがかなり注目すべきデータを提供してくれます。

同社の特徴としては、他の家電量販店と違いその出店ペースは落ち着いた観が見られ、コンスタントにそして短期間に集中して数店舗をオープンするという急激な展開はしないようである。

家電量販店

ノジマ電気の評判が気になりますね。
これは同社の株主や株を保有している皆さんには特に切実なポイントですよね。

さて、そんな最近合併話なども出るくらい好調のノジマ電気の評判について取り上げたいと思います。

前年のラオックスとの統合計画の解消問題などいろいろあったのだが、株価からその評判を判断すれば、2006年をピークの約1,250円前後まで行き、最安値2009年1月の200円位まで落ち込んだが、最近は盛り返し2009年12月現在は850円前後を推移している状況である。故に最近の評判としては市場に良い評価を受けていると云えますね。

同社は、本社所在地は神奈川県横浜市であり、1994年(株)ノジマとして東証に上場しましたが、それ以降実に業績も順調で、株価もここ数年の間コンスタントに上昇しています。因みに、同社のJASDAQにおける証券コードは7419です。

多くの同社の株式を保有している方やこれから保有しようと思っている方が一番興味があるのは、会社分析のデータなんですが、株価推移の結果と業績推移の傾向を見るならば、「Nikkei Net」のhttp://company.nikkei.co.jp/news/news.aspx?scode=7419と、「マイナビ2010 毎日コミュニケーションズ」のhttp://job.mynavi.jp/10/pc/search/corp40176/outline.htmlサイトなどが参考になると思います。

将来的にはどの辺りで落ち着くのかが見極めどころであり特に株主やこれから購入しようと思っている方には興味深々という状況だといえますね。如何でしょうか、家電量販店では後発の同社ですが、興味は湧いてきましたでしょうか。

この会社概要を知りたければ、同社ホームページ「デジタル一番星のノジマ」のサイトhttp://www.nojima.co.jp/で判ります。因みに、

つまり、現状ノジマ電気の評判は業績から見ればすこぶる良いといえる訳です。

家電量販店

コジマ電気とはどんな家電量販店なのかについて熱く取り上げたいと思います。

最近の日本国内でコジマ電気のCMを聴いたことがないという人はいないかも・・・と思わせるように、全県出店に拘ってきた家電量販店がコジマ電気なんですが、最近はその勢いに陰りが見え隠れしていたのが明確になってきた観がありますね。

1990年代の中盤から2000年に架けては、ベスト電器を抜き飛ぶ鳥を落とす勢いで、所謂郊外型大型集客店舗の先駆者、牽引車として家電小売業界を引っ張って来たのがコジマデンキなんですが、最近の動向と戦略、加えて恥ずべき不名誉な法令違反に対する行政指導などを受けるに至っては、期待感から少し残念に思う程度では収まらない不快感が生ずるのは筆者だけなのだろうか。

この数年、他の家電量販店の施策・戦略とコジマデンキのそれを比較するに、後者の安易でしっかりとした方向性が定まらぬ社内的な指示やサービスをみると、常にその場限りの場当たりの安易な施策ばかりが目立つ。

外的要因としては、メインバンクであった「足利銀行」の破綻が大きな影響を及ぼしたのと、隣県の通称ヤマダデンキの攻勢と戦略に遅れを取ったのがやはり大きい。

それは、ポイント制の導入が遅れたこと、更にポイント効果のユーザーに対する心象を軽く見た点(ケーズデンキはこれを大きく捉えていたからCMでそれに対抗している訳ですね!)、保証サービスの内容も、何かちぐはぐな一貫性がない中途半端な内容で、現在のケーズデンキやヤマダデンキ、エディオングループと比較すれば実に稚拙であります。

コジマデンキには、将来を見据えた方針を指示出来る様なブレインは居ないのだろうか?
ユーザーも盲目ではない。何度かキャッチフレーズが変遷したようだが、現在の「安値世界一への挑戦 」というのも、業界4位から5番6番目では、仕入れの流れを考えればバイヤーのメーカーへの睨みも薄れるだろうに・・・という事位容易に察しが付く。ならば、薄利多売しかないところを、純利追及という一見筋が通っているように見える方針を無理して推進したために、地方の辛いユーザーからは見放される結果になっているようである。

参考までに正式な名称は、「株式会社コジマ」である。
一応、以下に株式会社コジマのかなり大まかな概略を整理してみたが、更に詳細は、「株式会社コジマのホームページ」http://www.kojima.net/netshop/index.htmをご覧頂きたい。

         「株式会社コジマ」の簡易歴史の節目

1955年 小島勝平氏(創業者)が栃木県宇都宮市に「小島電気商会」を起こす。
1963年 「株式会社小島電機」を設立し法人化する。
1993年 前述の通り「株式会社コジマ」に社名を変更する。
1997年 量販店売上高において、念願のベスト電器を抜き、売上高日本一を達成。
1997年 関西地区第1号店であるNEW門真店を大阪府門真市に開店する。東証1部 7513
1998年 東京証券取引所第一部に上場。
2002年前後、この頃から暗雲の兆候が現れ始めた。

何よりも、創業者である小島勝平氏が他界されたのが大きい。現在残っている同社の管理指導者達の中には、すでに生え抜きの創業者の戦友はいないようである。つまり産みの苦しみを知らない者達が、我田引水の・・・の・・・な理論を元に会社を運営しているのである。

これでは、ヤマダデンキ(株式会社ヤマダ電機)の思う壺である。この辺り殆んど戦国武将の分析をしているのと同じであるのだが、あくまで私の勝手な思い込みであることをお断りしておきます。

そして、日本国内において一極集中などという家電量販店が出来上がってはいけないのである。そういった観点からもこのだらしないコジマには期待したいのである。人徳の男と云われた小島勝平氏が草葉の陰で泣くような真似は絶対にさせてはいけないのである。同社には頑張って欲しい限りである。

家電量販店

ノジマの相模原本店についてご紹介したいと思います。

業界の中堅ノジマデンキの相模原本店は、神奈川県相模原市という1959年以来発祥の地でありノジマの地元であり牙城の地にある地域最大の大型店です。故に力の入れ具合が違いますね。

2Fに白物黒物の総合家電を集め、3Fにパソコンなどデジタル商品からゲームソフト、更に地域最大の携帯電話コーナーを配置している。営業形態は、まさに総合家電大規模店舗というに相応しい。更に、定休日はなく無休で、営業時間は10:00 から20:00までである。

単なる家電販売だけではなく、自慢のオーディオスクエアコーナー、でんわ館、UFRONT、パソコン教室と多彩なシステムを導入している。

そして、面白いのが、同じ3Fに中古専門店ソフマップU−FRONTを別に出店させ、且つパソコン教室を用意している。加えて2Fには、いかにも本格的な音物好きのノジマらしい、試聴室を兼ね備えたHI-FIオーディオ専門店を別に出店させている。

つまりハイレベルな専門的な分野を完全に分業し独立させている。他の進んだ量販店も例えば、アウトレット製品など別店舗で独立させ、棲み分けが進んでいる昨今の状況である。

家電業界もかなり淘汰され一極集中の様相を呈してきたが、家電ユーザーに取ってもメーカーに取ってもあまり喜ばしいことではない。これからも、ノジマ相模原本店並びにノジマデンキに期待したいところである。

「相模原本店」のホームページは、http://www.nojima.co.jp/shop/kanagawa/sagamihara.htmlであり、
「パソコン教室」はhttp://nojima-sagami.wakarutodekiru.co.jp/である。

<相模原本店>
住所 〒229-1122 神奈川県相模原市横山1-1-1
TEL 042-753-1516

当サイトは刻々と変化して行く商品性能や機能、そして業界情報に対応して行きたいと思っています。そして、この記事は、電気製品と家電量販店のオリジナルによるものです。
アウトレット家電
アウトレットパソコン電気製品の紹介!
電気製品と家電量販店    Profile&Policy
電気製品を趣味でいろいろいじくって28年のManagerです。

仕事がら話題の新製品からアウトレット商品のパソコンやスマートフォン、ipod、冷蔵庫、エアコン、PS3まで、さまざまに買い漁って楽しみ、それを元に電気製品の使い方や製品評価やメンテナンス法なども解説しています。
更に、ユーザーが一番知りたい家電量販店の価格や保証内容の比較まで紹介しています。でも買い過ぎて困っちやうかも!?