site map

話題 人気 家電製品

数年前から、羽の無いものや充電式や省エネ扇風機などが流行している。

今日は、その話題の扇風機の傾向と対策を勝手に分析してみた。

昨年の3.11東日本大震災が起こした津波や原発事故の影響が大きい事は明白なのだが、一般ユーザーの単にエアコンだけに頼ろうという意識が薄れ、より環境保持や省エネルギーへの意識が高まったからだと思う。

これは、これで素晴らしい事なのだが、如何せんその付加価値がかなり高い様に私は感じるのである。なぜなら、あまり機能は無いタイプの32型液晶テレビよりも高い扇風機が存在するからである。曲がりなりにも、私はモーターに羽を付けただけのものなどとちゃちゃを入れるつもりはないですが、しかし、高いな〜。

この分野の先駆者であるのは、東芝かパナソニックの温度センサー付きタイプであり、その上を行く革命を起こしたのが、あのダイソンの羽無しタイプだった。数万円もするのだが、すでに中国製には同じ機能のもので数千円のものが存在している。

そうこうしている内に、震災の影響で昨年からこれまであまり注目されなかった中小企業が担当していた分野の充電タイプが突然脚光を浴びてきた。

その流れを見逃さなかったのが大手家電メーカーの東芝なのだが、ほぼ完成系の機種を出してきた。繰り返すが、しかし、高い。

大昔の高級ラジカセ、ウォークマンの初期頃、世界初のサンヨーのCDラジカセの価格並みである。
ま〜後2年位すれば、30%は落ちて来るだろうと私は期待しているのがどうだろうか。

但し、充電時間や充電により運転出来る時間はまだまだ改良されるべきであり延びてくると思う。これらのタイプのスペックはまさにピンキリであるので、パンフレットなので十分にチェックすべきである。

そして、機能も随分増えたが、私の知る限り、4・5枚羽扇風機、羽無しタイプ、縦・横可変首振りタイプ、F分の1、マイナスイオン発生装置、充電タイプ、ソーラーバッテリー内蔵タイプ、乾電池タイプ、ライト、タイマー、ラジオ、アロマ・・・くらいだろうか。
こういった多機能タイプの扇風機が発売されている中、付属している機能の競争を期待したいところだが、流石に3つもあれば十分かな。

話題 人気 家電製品

暑さ対策のための電気製品を紹介し取り上げたいと思います。世間では馬鹿売れしているという噂の「SOYO エアコンマット そよ」です。

6月なのに、もう熱帯夜並みの夜と日中でも長野県などでは猛暑並みの日々が続いている昨今なんですが、エアコンとか暑さ対策はすでにお考えでしょうか。

今年は、東日本大震災の影響もあり節電を政府や東電他各電力会社から求められる事になりますが、性能の悪い一昔前のエアコンをいつまでも使用するのは如何なものでしょう。
特に年配の方に多いのが、20年前、30年前のものが壊れずに今でも使用できるのを自慢されるケースですね。

確かに大手家電メーカーの当時の優秀な商品を大事に使用するというのは素晴らしい事なんですが、事省エネや節電、いやいや快適性から言っても、冷蔵庫やエアコンにテレビという一番電気を消費する家電製品に関してはやはり最新のものに買い替えを進めます。

流石にもう時代が違いますよね。

さて、そういう中なかなか面白いある種の冷却装置を発見しました。
ご老人の熱中症対策にもある程度期待出来るかも知れない製品です。

◆名称 「SOYO エアコンマット そよ」
◆型番 AX−HM1200
キャッチフレーズ 風が作る一つ上の快適

それは所謂マットなんですが、従来のものは特殊なジェル状の液体で熱を吸収発散するタイプの冷却方でしたが、もう少しそれを強力にしたものがあるようです。

マット内に風を通す設計で、寝具に籠った熱や汗を効率的に排気出来るというものです。
若干厚みも大きさもサイズ的には大きくなります。

又、この「SOYO エアコンマット そよ」は、コスト的には1日8時間使用で、1月13円という事ですから全く問題は無いでしょう。所謂、省エネ設計とかエコ製品と呼んで差し支えないでしょう。

メーカー希望小売価格38,000円なんですが、調べてみたところ一般的な市場価格では、17,800円から15,800円というところでしょうか。

< 「SOYO エアコンマット そよ」備考 >
重量4.3Kg
定格電圧:入力AC100V(50/60Hz)出力DC12V
定格消費電力:最大2.5W
付属品:収納袋
生産国:中国(アテックス上海)

< 「SOYO エアコンマット そよ」材質 >
ポリエステル85%、綿15%(キルティング加工)/ポリエステル100%(Wメッシュ加工)、軟質ポリエチレン(スペーサー)、ABS樹脂

エアコン取り付け付加の方や嫌いな人にはいいんじゃないでしようか。

さて、この記事はあなたのお役にたちましたでしょうか。最後まで読んでくれて有難うございます。あなたに幸運を!
尚、この記事は、電気製品と家電量販店のオリジナルによるものです。そして、当サイトは刻々と変化して行く電化製品の商品性能や機能、そして業界情報に対応して行きたいと思っています。それでは又お会いしましょう。御機嫌よう!
アウトレット家電
アウトレットパソコン電気製品の紹介!
電気製品と家電量販店    Profile&Policy
電気製品を趣味でいろいろいじくって28年のManagerです。

仕事がら話題の新製品からアウトレット商品のパソコンやスマートフォン、ipod、冷蔵庫、エアコン、PS3まで、さまざまに買い漁って楽しみ、それを元に電気製品の使い方や製品評価やメンテナンス法なども解説しています。
更に、ユーザーが一番知りたい家電量販店の価格や保証内容の比較まで紹介しています。でも買い過ぎて困っちやうかも!?