site map

家電量販店 インターネット通販

エイデンの通販について興味がおありですか。
グループ企業になったエイデンの通販についてご紹介したいと思います。

ちょっとややこしいんですが、エディオングループの傘下にエイデンは、入っています。デオデオ、ミドリ、イシマル、100満ボルトなどもそうです。

で、シームの通販なんですが、ホームページでは、オンラインショッピングというページがあります。そちらのサイトで大型家電は別として、ほぼ全国に対応しています。

★エイデン オンラインショッピング
http://www.edion.com/

エイデン ホームページ
http://www.edion.co.jp/index01.html

さて、この記事はお役にたちましたでしょうか?最後まで見てくれて読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!この記事の情報提供は、電気製品と家電量販店のオリジナル記事によるものです。それでは御機嫌よう!今日はここまでです。又お会いしましょう。

家電量販店 インターネット通販

暮らしのデザインってご存知ですか?それでは、暮らしのデザインについてご案内したいと思います。暮らしのデザインとは、所謂通販の専門会社です。そして、エディオングループとの提携関係にあるようです。

【株式会社 暮らしのデザインの会社概要】

商号    株式会社 暮らしのデザイン
      (英文名:Kurashino Design,Inc.)
本店所在地 東京都品川区西五反田八丁目9番5号
代表者   代表取締役社長   鳥越 貞成
設立    2002年3月1日
資本金   300百万円(株主 株式会社エディオン 100%)
従業員数  100人(契約社員・パートナー含む)
事業内容 ・通信販売事業
      ・カタログ情報誌「暮らしのデザイン」の企画・編集
・カタログおよびインターネット掲載商品の仕入販売業務
・インターネットショッピングサイト「エディオンダイレクト」企画・運   
       営・上記に関わる営業及び管理
取引銀行 三井住友銀行/みずほ銀行/三菱東京UFJ銀行
決算日 3月末日
役員 代表取締役会長 久保 允誉
代表取締役社長    鳥越 貞成
取締役        加瀬 信吾
取締役        竹嵜 伸一郎
監査役        細田 浩司

最後まで読んでくれて有難うございます。そんなあなたに幸運が訪れますように!!さて、この記事はお役にたちましたでしょうか?

家電量販店

愛知県発祥の老舗エイデンの名称が変わりました。
同社の社名は、2009年(平成21年)に「株式会社エディオンEAST」に一度変更されていましたが、また新たに「株式会社エディオン」へと変更されました。

注意、2009年までの記事に、2011年に加筆致しました。
2011年現在では、2010年(平成22年)に、エディオングループとして東西に分かれていた株式会社エディオンWESTと株式会社エディオンEASTを統合し、当初の名称の通り「株式会社エディオン」を正式な社名としました。

これは、2001年(平成13年)、広島を拠点とする株式会社デオデオと名古屋の株式会社エイデンとが事業統合するとの計画を発表し、2002年より「株式会社エディオン」として発足した際の名称です。

ここから以下は、2009年までの状況を述べた記事になります。

しかし、その後店舗展開はいろいろな経緯から西と東に分けて経営する事になり、エディオングループ内の「株式会社エディオンEAST」という名称を使用しているようです。

ちょっとややこしいのは、当初東には、エイデンと石丸電気と株式会社東京エディオンというエディオングループ内の小会社が3社あり、小会社でありながら名称が被っているのでかなり混乱したようで、今ではエイデンか石丸電気に吸収合併されたようです。

同社の創業地は、商人の意気込みと魂の鏡である愛知県は尾張名古屋市で、設立は1948年7月23日といいますから、すでに60年若の歴史がある家電量販店です。そのエイデンは、現在エディオングループという新しい家電量販店勢力を形成しその一員であり中核を成すリーダーである訳です。

私が思うには、2003年以降のヤマダデンキの一人勝ちを崩せる要素がある家電グループは、エイデンを中心にとするエディオングループとケーズデンキと期待している次第ですが、さてこれから家電量販店の再編はまだまだ進行するのでしょうか。

さて、そういった業界再編といった観点から株式会社エイデンのこれからの動向と会社概要について説明したいと思うのですが、同社を一言で言えば、名古屋市港区に本社を置き、中部地方を基盤とする家庭電化製品・情報通信機器の販売の老舗であり所謂地域一番店です。

流石に尾張名古屋を基盤とするだけあってその経営は磐石というに相応しい内容ですね。まさに江戸時代からの尾張地方を中心とする商人の教えと戒めが強く根付いていますね。
これまで、関西の老舗であった和光やマツヤに星電社、更に八千代にミドリなどがどんどん吸収されていった状況を考えると、健全な経営をしているならば、どこにも隙は発生しないという事の見本ではないでしょうか。

株式会社エイデン は、創業が1948年7月23日といますから、ほとんど戦後まもなくの開業という事になりますね。日本の多くの家電量販店の中でも老舗中の老舗と云えるでしょう。

売上高はここ数年を見ると、グループ全体ではなく単独での連結決算では約2000億円というところを推移しています。

ちょっとややこしいのは、「株式会社エディオンEAST」と名乗りながらも、同社は中部地方においては吸収した「エイデン」ブランドを、関東地方ではやはり吸収合併した「石丸電気」の旧ブランド名を用いている点ですね。これは関西では、ミドリの名称を残しているのと同じ発想の戦略だと思われます。恐らく店舗名を新しく創造するよりも旧名を使ったほうが得策と判断したからだと想われます。

恐らく同社は、これからも吸収合併を繰り返し更に成長すると想われます。

当サイトは刻々と変化して行く電気製品と家電量販店の商品性能や機能、そして業界情報に対応して行きたいと思っています。本日は、是まで!

家電量販店

デオデオ(DEODEO)は、広島県を中心に中国地方で展開している老舗の家電量販店なんですが、名古屋の家電量販店の老舗株式会社エイデンとの間で互いに株を持ち合い事業統合する旨を立案し、2002年に統合を実行し「株式会社エディオン」と成りました。

その後、両者はエディオングループの一員として活動し、「株式会社エディオンWEST」と「株式会社エディオンEAST」に分割独立して経営していました。

よって、デオデオ(DEODEO)は「株式会社エディオンWEST」に属す傘下の会社となった訳ですね。この辺りは本当にややこしいですね。

ところが、2010年(平成22年)に、また新たな動きがあり、「株式会社エディオンEAST」と「株式会社エディオンWEST」を完全に経営統合し「株式会社エディオン」として再スタートしました。これは2002年時に統合した時の名称をそのまま採用した結果に戻りました。

1998年以降、上記の様に、エディオングループを初めケーズデンキにベスト電器とビッグカメラなど、東西の大手老舗の家電量販店が吸収合併を繰り返してその勢力図は随分様変わりしました。

ですから、今更株式会社デオデオという会社の古い概要を解説してもあまり意味はないと想いますが、軽くそれに触れますと。

デオデオは、現在広島県広島市廿日市に本社を置き、その前身は旧「第一産業株式会社」という会社ですが、更にその前の前身は、1946年創業の久保兄弟電機商会になります。

そして、「第一産業株式会社」は、翌年の1947年5月7日の創業ですから、まさに戦後2年目であり、当時はどこも同じだったは想いますが、同じ日本でも長崎と広島は別格ですから、当初は本当に何もない状況の中スタートした訳ですね。因みに、本店所在地は広島市中区紙屋町になります。

その後、2度ほど社名を変更繰り返します。
1986年10月1日に「株式会社ダイイチ」へ、1997年4月1日にはエディオンの前身である「株式会社デオデオ」に決定しました。

現在エディオングループとして全国展開を進めている同社ですが、業界第二位までの規模に上り詰めましたが、同社の更なる飛躍に期待したいところです。

当サイトは刻々と変化して行く電気製品と家電量販店の商品性能や機能、そして業界情報に対応して行きたいと思っています。

家電量販店

エディオングループとは、家電業界を現在完全に席巻し一人勝ち状態のヤマダ電機に対抗し、それに危機感を持った主に西日本から中部の老舗家電量販店が結束したグループであります。

その老舗家電量販店とは、デオデオとエイデンであり2者が中心となり経営統合し出来上がったのが「株式会社エディオン」なんですが、同社はそれ以降他の家電量販店を吸収合併して行きましたが、それを業界ではエディオングループと呼んでいます。

それはメーカーからの統一仕入れ価格等・流通・在庫品の歩留まり解消と、あらゆる面でコスト面での簡素化を狙い、成果を出しているようである。エディオングループに加入しているのは、現在エイデン・デオデオ・ミドリ電化・石丸デンキ・株式会社暮らしのデザインの5社である。

その流れとしては、エイデンが2002年に(株)デオデオとエディオングループを結成。2004年には業務統合がほぼ完了し、さらに2005年には(株)ミドリ電化が加わり、中部のエイデン、中・四国・九州のデオデオ、近畿のミドリ電化というまさに各地域の雄が結集した形となり、ヤマダデンキに続く売上高第2位のポジションまで上昇しました。そして、追い風が吹く中、エディオングループはグループ全体で2008年の売上規模1兆円達成をめざしています。

当初は、EIDEN+DEODEO=EDION、つまりEIDENとDEODEOが合体してEDION・「エディオン(エイデン+デオデオ)」という名称と成ったようです。エイデンとは栄電社であり、デオデオは第一産業(ダイイチ)が元の名称である。参考までに、ミドリ電化は、実は現在エディオンの子会社である。特別な形態として石丸電気とは資本提携という事になっているようです。この辺りは実に複雑であり、グループの名称も何度か変りました。

当サイトは刻々と変化して行く電気製品と家電量販店の商品性能や機能、そして業界情報に対応して行きたいと思っています。本日は、是まで!
アウトレット家電
アウトレットパソコン電気製品の紹介!
電気製品と家電量販店    Profile&Policy
電気製品を趣味でいろいろいじくって28年のManagerです。

仕事がら話題の新製品からアウトレット商品のパソコンやスマートフォン、ipod、冷蔵庫、エアコン、PS3まで、さまざまに買い漁って楽しみ、それを元に電気製品の使い方や製品評価やメンテナンス法なども解説しています。
更に、ユーザーが一番知りたい家電量販店の価格や保証内容の比較まで紹介しています。でも買い過ぎて困っちやうかも!?