site map

家電量販店 チラシ

ヤマダ電機のチラシの見方について説明したいと思います。

インターネットのホームページ情報の検索に慣れない方には以外と探しにくいかも知れません。

それは、例えばインターネットで「ヤマダ電機 チラシ」のキーワードで検索しても、Googleなどはかなり精度が高いですが、検索エンジンによってはストレートには出ないケースがあります。

先ずは、ヤマダ電機のホームページに行き「店舗案内」を探します。

「店舗案内」のトップページに「WEB de チラシ」の文字と、全国のヤマダ電機を対象とした日本地図の画像があります。その地図上からお探しの都道府県の地点をクリックします。

すると、目的の県内の支店情報が現れます。
それぞれの支店の項目の右端に「チラシはここ」のロゴがありますので、それをクリックすればお目当ての支店のチラシがご覧になれます。

以下のサイトで確認下さい。

◆店舗案内
http://www.yamada-denki.jp/store/

以下、その他の量販店のものも総合的に見れるリクルートが運営している情報サイトが「タウンマーケット」なんですが、同じ内容のものが見れますが、西日本の店舗はかなりスクロールしなければならないので若干面倒臭いですかね。

◆広告チラシの情報サイト タウンマーケット
http://townmarket.jp/CSP/CSP01/CSP0100200/YMD000001/

さて、この記事はお役にたちましたでしょうか。当サイトは、エンドユーザーに対してエコ製品の紹介と選択を推奨するのと、日々進歩する電化製品と数ある家電量販店の有意義な情報を提供しています。この記事は、電気製品と家電量販店のオリジナルによるものです。それでは御機嫌よう!又お会いしましょう。

家電量販店

ヤマダ電機がケーズ本社前に、その新店LABIを開業したそうです。

業界ナンバー1のヤマダ電機は、2008年8月13日のメディア発表によると、JR高崎駅前に続いて、JR水戸駅南口のケーズホールディングス(HD)本社前に大型家電店「LABI(ラビ)」を出店し、本年の11月の開業予定であるとも発表しました。

ヤマダが出店予定の建物は、すでに建設が進んでいるJR水戸駅南口の「サウスタワー」という総合商業施設なんですが、ヤマダが3階から9階までの部分を使用占有し、業態は当初の計画通りの都市型大型家電店の「ラビ」のスタイルのようですね。因みに、水戸駅南口とは、ケーズHDの本社が所在するところです。

尚、ヤマダは、都市型大型家電店ラビの出店を更に加速化する意向で、今後はコジマの牙城であるJR宇都宮駅にも出店する計画が進んでいます。

かつて、ほんの数年前までは、ヤマダ、ケーズ、コジマの3社は北関東の「YKK」と呼ばれ、郊外型店で覇を競ってきた訳ですが、ヤマダはその資本にもの言わせ、更に大型店を持って、すでに過去の旧敵の本拠地駅前にも攻め込むという様相を呈しています。

すでに1兆円産業までに肥大、失礼!拡大したヤマダ電機は全く持って留まる処を知らない状況です。ヤマダ電機の創業者の意向が強く反映されているのかこれまで対社会的にその経営方針は物議を醸している昨今、一体この会社の行く付く先には何が待ち受けているのでしょうか!?

片や、松下幸之助翁の金言が今の時代こそ輝きを増して来た様に、私には感じれる日々此の頃であります。

当サイト電気製品と家電量販店は、刻々と変化して行く商品性能や機能、業界の動向などこれからも真実と未来を見つめて行く時代の証人となりたいと思っています。

家電量販店

ヤマダ電機は、2008年3月7日に、「ヤマダ電機 LABI千里」店を、大阪府豊中市の千里中央駅前にオープンします。

同社のLABIとして、関西圏においては、2006年3月にオープンしたLABI1なんばに次いで2店舗目である。全国では、仙台、池袋、品川大井町、新橋デジタル館、秋葉原パソコン館に次いで7店舗目となる。

ヤマダ電機 LABI千里は、売り場面積約3,700坪、レストランフロア約1,200坪をあわせて、トータル約4,900坪の都市型大規模店舗である。難波のビックカメラや、梅田のヨドバシカメラに対抗しううる規模である。

ただ、関西の昔からの家電量販店のファンであるユーザーに取っては、ヤマダ電機の方針がユーザーにどの様に受け止められるかは、これから非常に複雑なものがある。

正直に言えば、関西にヤマダ電機はあまり似つかわしくないかも知れない。その辺り関西人のややこしいところは、商品を購入したから楽しいのではなく商品を買う過程での販売員さんとのやり取りのプロセスを楽しむ傾向があるからである。

そして、実は決してヤマダ電機が競合他社のお店よりも安い訳ではないのである。つまり、関西の量販店がそのイメージ戦略として負けたのである。

又、同じ関東からの家電店であるコジマ電気には、所謂ヤマダ電機に対する危機感がないのには驚くばかりである。販売額である経常利益に拘ってみたり純利益を追求して見たり、1年間の間に何度もその方針が変化するというのは経営上あまり宜しくないと思われるのだが、頑張って欲しいところである。もちろん上新電機にもケーズデンキにもこれまで以上に頑張って欲しいものである。

所詮、この世界が永遠に続くわけではないが、下降気味の電気製品と家電量販店にも明るい未来世界が来るように願いたい。

電気製品と家電量販店 エアコン

ヤマダ電機エアコンが季節柄注目されていますね。

現在、日本の電気製品・家電製品の販売」においては、ダントツの1位であり、来年位には2位以下の電気製品家電量販店に対して、ダブルスコアーの差を付けるかも知れないヤマダ電機である。ただ、冷静に分析すれば、短期間にこれだけの急成長を遂げたヤマダ電機にも、触れて欲しくない暗部は常に付きまとうのである。あのダイエーでさえ事業縮小・その他資産の転売等・もろもろの過程を経て現在があり、未だにその後遺症にあえいでいる状態でもある。ましてや、あの西部でさえいわんやがもかな!?今後の展開に要注目の電気製品家電量販店である事に間違いはない!
関連検索キーワードにヤマダ電機 池袋, ヤマダ電機 安心会員, ヤマダ電機 エアコン, ヤマダ電機 ポイント, ヤマダ電機 通販, ヤマダ電機 株価, ヤマダ電機 修理, ヤマダ電機 web, ヤマダ電機 パソコン等々がある。

関西でのヤマダ電機のエアコンにおける評判として、取り付け工事が下手とか、追加工事価格がべらぼうに高いという情報がある。

下請けの下請けのような工事業者との関係で、責任感的なモチベーションがやはり、上新やミドリとは違うようである。

家電量販店

ヤマダ電機の全国展開におけるその方向性と会社沿革についてこれまでの概略を紹介したいと思います。

第三者から見ると全国制覇を狙う同社のやもすると強引でごう慢とも写る手法と展開がどこまで続くのかとても興味がありますね

。同社のこれまでの販売や出店実績を分析すると、これからの日本の家電量販店の動向や、且つこれから生き残る家電量販店の勢力図の予測が出来るかも知れません。

又、同社の歴史を調べ分析すると、どうすればこの様に発展し成功したのかが判るかも知れません。現在代表取締役会長であり創業者である山田昇氏の類希な先見の明がどの時期に発揮されたのかなど想像し時代を遡ると面白いですよ。

つまりヤマダ電機の急成長の秘密が判るかも知れないという事です。
以下、ざっと同社の沿革を紹介したいと思います。

【 会社沿革 】

1973年 山田昇氏が電気店を個人創業開始
同氏は元日本ビクター社員でした。

1983年 株式会社ヤマダ電機の名称で設立

スーパや他の家電量販店と比較しても早いですね。
1986年 全店にPOSシステムを導入

1989年 株式を(JASDAQ) にて店頭公開
1990年 パソコンのハード・ソフトを本格販売
    スイスフラン建て転換社債をはじめて起債
1992年 九州地区の第一歩として宮崎店をオープン
E-VANシステムを導入
1994年 総合保守サービス「ザ・安心」をスタート
1995年 東北地区第一号店を仙台にオープン

この辺りは他のライバル店と比較するとかなり早いですね。
1996年(平成8年) - インターネットサービスプロバイダ事業を開始

1997年 新POS・新物流システムを稼動
環境問題に配慮した株式会社CICを設立

1999年(平成11年)全国展開の魁となる関西どころか近畿においての第1号店店である「京都八幡店」を京都府八幡市は国道1号沿いにオープンしました。これからエンジンフルスロットル状態であり、ヤマダイズムの経営スタイルが確立したと云えるでしょう。

そしていよいよ一流企業としての念願が遂にかなった訳ですね。
2000年 株式を東京証券取引所 東証1部 9831 2000年9月上場

予測に反して、ポイント制の採用は決して早くはなかったという点は実に面白いですね。ノジマデンキや関西の上新電機の方がかなり先行していたという事実には驚きました。
2001年 ポイント制導入
    株式会社沖縄ヤマダ電機を設立
2002年 株式会社ダイクマの経営権を引き継ぐ
株式会社ヤマダブロードバンドの設立
クライムエンターテイメントを子会社にする
2003年 インバースネットを子会社にする

和光デンキを吸収合併し、いよいよ本格的に関西を攻略する足場を作りましたね。
2004年(平成16年)関西の老舗であった和光ヤマダ電機を株式会社関西ヤマダ電機に社名変更します。
KOUJIROを子会社にする
女子陸上部の創設
    同社初の都市型店舗「テックランド広島中央本店」をオープンさせる。

2005年 国内における家電量販店として初めて、売上高1兆円を達成
    国内専門量販店初のナショナルチェーン化を実現
スマトラ義捐金活動で天皇陛下より紺綬褒状を受賞

ここでは全てを紹介しませんが、これ以降かなり積極的に多くの会社を吸収し小会社化してゆきます。

いかにも、ビッグカメラやヨドバシカメラのターミナル型大型店舗を意識した巨大な店舗を出店展開して行きます。
2006年 都市型大型店舗である第1号店「LABI難波店」を大阪に出店。

2008年(平成20年)7月1日 群馬県高崎市栄町1-1の高崎駅東口前に本社を移転しました。
2010年(平成22年)日本の家電量販店として初めて連結売上高で2兆円を突破する。
世界では第2位になります。

2010年(平成22年)同社初の国外店舗を、中国は遼寧省瀋陽市にLABI瀋陽店をオープンさせました。

如何でしょうか。何かピンとくるものがありましたでしょうか。尚この記事は電気製品と家電量販店のオリジナルです。

更に、ヤマダ電機のもっと詳しい情報や分析についてお知りになりたい方は、当サイトがお勧めする経済評論家の立石泰則氏の著書である「ヤマダ電機の暴走」や「ヤマダ電機の品格」が参考になると想います。
アウトレット家電
アウトレットパソコン電気製品の紹介!
電気製品と家電量販店    Profile&Policy
電気製品を趣味でいろいろいじくって28年のManagerです。

仕事がら話題の新製品からアウトレット商品のパソコンやスマートフォン、ipod、冷蔵庫、エアコン、PS3まで、さまざまに買い漁って楽しみ、それを元に電気製品の使い方や製品評価やメンテナンス法なども解説しています。
更に、ユーザーが一番知りたい家電量販店の価格や保証内容の比較まで紹介しています。でも買い過ぎて困っちやうかも!?