site map

電気製品と家電量販店 エアコン

ダイキンのルームエアコンの評判がちょっと過剰評価されているのは如何なものかと思う昨今である。

さて、久し振りの記事アップなのだが最近のエアコン市場でちょっと気に成る事がある。

前述の通りダイキンのルームエアコンうるるとさらら7の評判がちょっと異常なくらい先行評価されてきている点である。

私の仕事柄エアコンについて友人知人から相談されたり顔見知りの人から尋ねられたりする事が多いのだが、最近彼等の同じフレーズが気に成る。

以前ならば、富士通やコロナやダイキンや日立や三菱やパナソニックや三菱重工のエアコンってどうなの!?かいいんですか!?だった。

それがこの1年だろうか、エアコンなどずぶの素人がそれこそまだエアコンを使った事が無い人々が「ダイキンのエアコンって良いんでしょう!?」と結論ありきで質問してくるのである。

くどいようだが、今から購入しようと考えている人間がである。

こちらとしては、別に悪くはないんだけれど何を根拠にそうあなた達は決めているんですかと逆に尋ねたい。
それも何の情報も無い曲に!!そうつまりエアコンについては詳しくないのにである。

決めているのなら尋ねないで欲しい。

ま〜これは良くある事なのだが、はっきり言えばダイソンと同じでコマーシャルの影響が大きいという事なのだが、ダイキンのお笑い系のCMをどこをどう見ても何が良いのか全く分からないのである。

つまりあまりに大衆心理そのものである。
何が良いのか判らないのだが、同じCMを何度も見ていると、人間は成らされ勝手に、こんなにたくさんCMを流しているんだからよいものなんだろうと勝手に推測発展させてしまうのである。
これはもはや所謂洗脳の一種である。

だから「うるる」位しか特化した機能がないのに過剰評価してしまっているのが現実であり真実である。

そして、もう一つ気に成るのが、ユーザーもメーカーの機能セールスの言葉を信じ過ぎてはいけないのである。

特に、ダイキンエアコンのうるるとさららに関しては、加湿機能を100%のものと捉えてはいけない。
特に真冬の寒い時期や以北の寒冷地の方々は要注意である。

この加湿機能の湿気は室外の乾燥した空間に存在する湿気を外気で取り込み室内に送り込むというものなのだが、外気温が下がれば当然更に乾燥するのでその機能は低下する。

実際購入したユーザーの中にはその機能の有効性の価値を見いだせないと主張する声も多い。
又、更にはせっかく高い金額で購入したにも限らずその加湿機能を全く使用した事がないという人々も多いのが実情である。

付け加えるならば、安い加湿器だけ用意する方が効果的であり外気温の変化の影響も全く受けない訳である。
一般の人々はここまで判らないのである。

実は、同じダイキンのエアコンの中にも、冷房・暖房能力に年間の機関消費電力(つまり電気代)が全く同じで、加湿機能があるなしで数万円も違うのである。

めざといユーザーのみがこの事実を知っているという事になるのである。つまり良く調べるべきなのだが、例えばどこかの量販店に応援に来ている他メーカーの方に聞いてみるのが一番である。

因みに、業界の秘密といおうか常識なのだが、電気代は簡単に安く出来るのである。
それは、内機や外機の熱交換器の表面積を広げれば良いのである。

がっしかし、そうなると内機のサイズが大きくなるのである。
つまり、ダイキンの内機と外機ともどもは滅茶苦茶大きいのである。

良くあるのが、カーテンレールに引っかかるとか、若干古いマンションの配管穴に入らないというパターンで機種交換せざるを得ないという事例である。

ま〜この辺りは、販売店の担当者がしっかりその場で尋ねるのが常識ではあるのだが。

ま〜エアコンは、エアコンの機能重視で選択すれば間違いないのだが、どうしても人間欲をかくから付加価値機能という関係ないもので購入決定の判断をしてしまう。

どうだろう。
参考になっただろうか!?


その他

オール電化の方が高くつくのか?

先日マスメディアのニュースでオール電化に騙されたという記事を読んだ。
これは遂に、オール電化の評判にケチがつくのか。
一瞬読み間違えたのかと思ったが、じっくり読み直してみたが間違いではなかった。

あくまで北海道での話なんだけれど、9月1日より地元の北海道電力の電気料金が大幅に値上げされるらしい。それも、オール電化の住宅の方が一般家庭よりも3倍以上高くなるそうだ。

え〜〜〜、本来はオール電化の条件にする事で電気料金がかなり優遇されるという触れ込みだったはずんなんだけれど、これでは購入者はある意味詐欺にあったようなものである。

話題は変わるが、震災以降、原発ではなく自然エネルギーを見直そうという大きな世論があり特に太陽光発電や風力発電が持てはやされたのは記憶に新しい。

直接、自然エネルギーとオール電化は関係ないが、要は一般家庭のエネルギー源をガスなどを止めてすべてを電気で賄おうという契約なんだけれど、正直震災の時は電気が止まった家庭は寒くて大変だったようだ。同じガスでもプロパンはかなり重宝したらしい。

その頃からだろうか、オール電化の弱点が注目されるようになり出した。
当然評判は落ちる事に成るのだが、実際、初期の契約などガスと併用は出来ないという無慈悲で独善的な契約内容だった。

これはある意味、ユーザーの自由な選択を妨害するように私には思えるのだが、数年後には結局ガスと併用という新しい契約が開始されたのだった。結局、無理があったように思える。

私が感じる第一感として、自然エネルギー、特に太陽光発電や風力発電の優遇措置や特例がちょうどこの北海道電力の電気料金値上げと同じ匂いがする。

太陽光発電の電気買取という甘い措置がいつまで続くかは地方行政の動向次第である。
以上とも云えるほどの高額買い取り価格、一体誰が決めたのか。一部の企業を儲けさせるために政治家を使い自然エネルギー利権を構築したとしか思えない。

そう、あの白洲次郎を貶め、反日CM全開のソフトバンクである。
そして、現にくだんの北海道と北海道電力は買い取りを止めると宣言した訳だ。

さて、いや〜最近の経済の動向やアベノミクスにより円高が是正され円安に成り輸出産業は明るい兆しがみえて来た。

反対に、食糧などの輸入製品や天然ガスや石油の価格が上がり、且つ発電のためのエネルギーコストが高くつくというデメリットもある。

とにかく、特定企業だけが潤うような政策は絶対だめだ。ましてや反日企業など。

そして、いい加減日本も100年先を目指して政治、経済、産業、農業政策を構築しなければならないと思う日々この頃である。

激安エアコンの評判と購入の注意点についてまとめてみました。

お徳で格安のエアコンのうたい文句に弱いのは世の常なんですが、インターネット通販の盲点といっても良いサービスとバックアップ体制の違いについて以外と知らない方が多いようです。今回はその辺りに注目してみました。

【 激安エアコン 評判 】

インターネット、つまりGoogleやYahooにおいて、激安エアコンの評判や、口コミ、人気ランキングなどというキーワードで検索してみると以下のサイトが大抵トップページの上部に現れる。

今時、日本メーカーの製品で評判など問題はないが、格安価格に引かれて購入してみたけれど、トータル価格で幾らになるのかとか、修理とかサービスの問題などをクリアーしてこそ格安の値打ちがあるのである。

◆価格.com
http://kakaku.com/kaden/aircon/ranking_2150/pricedown/
◆Den-Mart
http://www.den-mart.com/itemlist1002_____.html
◆楽天
http://event.rakuten.co.jp/electronics/aircon/
◆ジャパネットタカタ
http://www.japanet.co.jp/shopping/internet/inte04-eacon.html

価格.comや楽天などインターネットの激安情報の内容をプリントアウトして、各大手量販店を廻るユーザーも多い。しかし、その対応は同レベルでは出来ないという答えが返ってくる。当然だろう。期間限定、台数限定、タイムセール価格、配送エリア限定、送料、保障とか工事とかバックアップ体制などの内容が全く違うのだから。

以下、インターネットの激安情報、それに関した注意点を整理してみたので参考にして欲しい。

1、地域が限定されている場合がある。全国配送対応は少ない。

2、延長保障が別料金である。
  大半が、商品本体価格の5%で、5年延長保証に加入出来る。
  中には、10年延長保証という店舗も存在する。

3、扱う店舗数とそれぞれの店ごとに販売台数に限りがあるので、即決が求められる。
  シーズン前から中は、昨日の商品は売り切れでもう無いというケースは常識である。
4、エアコン取り付けは主に2つのパターンがある。

  A,基本的に販売のみで、工事は指定工事業者を推薦するだけ。
    工事以来の連絡など全てユーザーの責任で行う。

  B,自社や地域・全国の提携下請け業者に依頼し、基本的に販売店が全部最後まで責任を持つパターン。

一般的な新規標準取付工事例で、2.2kwで15,750円からが相場だが。当然2.8、3.6、4.0、5.0〜と大きさに依って工事代金は上がる。又、電気工事、コンクリート穴あけ、天吊り、屋根置きなどは当然別料金である。

5、扱いは、基本的に、一部例外もあるが家庭用エアコンのみ。
6、送料については大半の店が本州内は無料だが、北海道、九州、四国、沖縄などや離島は有料になるようです。

さて、この記事はあなたのお役にたちましたでしょうか。最後まで読んでくれて有難うございます。あなたに幸運を。尚、この記事は、電気製品と家電量販店のオリジナルによるものです。そして、当サイトは刻々と変化して行く電化製品の商品性能や機能、そして業界情報に対応して行きたいと思っています。それでは又お会いしましょう。御機嫌よう!

家電量販店

ノジマ電気の評判が気になりますね。
これは同社の株主や株を保有している皆さんには特に切実なポイントですよね。

さて、そんな最近合併話なども出るくらい好調のノジマ電気の評判について取り上げたいと思います。

前年のラオックスとの統合計画の解消問題などいろいろあったのだが、株価からその評判を判断すれば、2006年をピークの約1,250円前後まで行き、最安値2009年1月の200円位まで落ち込んだが、最近は盛り返し2009年12月現在は850円前後を推移している状況である。故に最近の評判としては市場に良い評価を受けていると云えますね。

同社は、本社所在地は神奈川県横浜市であり、1994年(株)ノジマとして東証に上場しましたが、それ以降実に業績も順調で、株価もここ数年の間コンスタントに上昇しています。因みに、同社のJASDAQにおける証券コードは7419です。

多くの同社の株式を保有している方やこれから保有しようと思っている方が一番興味があるのは、会社分析のデータなんですが、株価推移の結果と業績推移の傾向を見るならば、「Nikkei Net」のhttp://company.nikkei.co.jp/news/news.aspx?scode=7419と、「マイナビ2010 毎日コミュニケーションズ」のhttp://job.mynavi.jp/10/pc/search/corp40176/outline.htmlサイトなどが参考になると思います。

将来的にはどの辺りで落ち着くのかが見極めどころであり特に株主やこれから購入しようと思っている方には興味深々という状況だといえますね。如何でしょうか、家電量販店では後発の同社ですが、興味は湧いてきましたでしょうか。

この会社概要を知りたければ、同社ホームページ「デジタル一番星のノジマ」のサイトhttp://www.nojima.co.jp/で判ります。因みに、

つまり、現状ノジマ電気の評判は業績から見ればすこぶる良いといえる訳です。

家電量販店

インターネット通販サイトの良し悪しの判断って難しいですよね。

例えば、コジマネットの評判や評価を知るにはどんな方法があるのか解説したいと思います。

こうやってパソコンで何かを検索したり調べた事がある方ならばご存知の通り、電気製品に限らず、所謂通販サイトで商品を購入すると、大抵販売契約成立し、その後の受け取り時における決済が完了すると、この取引にける満足度を測るアンケートメールが送られてきます。

各通販サイトのホームページを訪れた新たなユーザーは、先ずこれらの「ショップ評価」を参考までに閲覧します。過去に通販での購入経験があり慣れたユーザーなら間違いなくチェックしますよね。

それらの一番確かな情報がそのネット通販を実際に利用した多くのユーザーが残す「ネットショップの評価」コメントなんですよね。ですから、インターネット通販を利用し何か商品を購入しようとした場合は、必ずこのコメント欄を見るべきです。

それを暫らく閲覧していると、このネットショップは安心できるのか、信用できるのかとか、契約上どこかに見落としはないのかが見えて来ます。

例えば、注文の仕方に不備はないかとか、配送が遅いとか早いとか、注文した品物ではなかったとか、梱包はしっかりしていたかどうか、色が違うとか、参考の写真画像がどうなのかとか、保証の内容に満足かどうか、配送料金が別途かかるのかどうか、着払いにした場合別途手数料がかかるのかどうか、連絡のメール対応はしっかりしているのか、契約内容の保管管理はしっかりしているのか等々調べ確認したい事はたくさんあります。

しかし、最近の情報で、グルメ評価の有名サイトである食ベログなどの評価コメントに専門業者が絡んでいたというショッキングなニュースがありましたが、食ベログ自体は第三者であるにも限らずつまりそれらの評価の信憑性が怪しいという訳です。

元々、これから契約しようという通販サイトの会社のホームページに自社に都合の悪い事が掲載されている訳ないですものね。

ところで、じゃ〜公平に第三者から見た評価を知る事は出来ないのでしょうか。

実は、そういう専門のサイトがあるんですよね。
それはあの有名な価格.comさんのサイトなんです。

以下の価格.comの場合、第三者機関になりますから、100%絶対とは云えませんが、とても参考に成ると想います。それぞれのコメントを熟読すると忌憚無く辛辣に語ってありますね。

価格.com コジマネット ショップ評価・評判
http://kakaku.com/shopreview/1925/

コジマネットなど大手の会社でそうそう間違いなどは起きませんが、最近んおインターネット通販では又新たな問題が生じているようです。有名ブランドを偽ったり知らない会社にはくれぐれもお気を付け下さい。

そして、出来ればその会社所在地の確認と実際に電話をしてみて通じるかどうかもチェックした方がベストですね。
アウトレット家電
アウトレットパソコン電気製品の紹介!
電気製品と家電量販店    Profile&Policy
電気製品を趣味でいろいろいじくって28年のManagerです。

仕事がら話題の新製品からアウトレット商品のパソコンやスマートフォン、ipod、冷蔵庫、エアコン、PS3まで、さまざまに買い漁って楽しみ、それを元に電気製品の使い方や製品評価やメンテナンス法なども解説しています。
更に、ユーザーが一番知りたい家電量販店の価格や保証内容の比較まで紹介しています。でも買い過ぎて困っちやうかも!?